ジェフの今シーズン初ゴールは町田也真人

 ちょっとややこしいですが、町田也真人町田ゼルビア戦でジェフの今シーズン初ゴールを決めました。
 昨年途中からはチームを引っ張る立場に成長し、背番号10を付けた也真人が今年の開幕戦でゴール。
 本人はもちろんのこと、チームが波に乗る上でも大きなゴールだったのかもしれませんね。


 先週も話したように、相模原戦では「攻撃している感じはしない」と本人が言うほど、持ち味を出せず試合から消えていた印象でした。
 それだけチーム全体としても攻撃で苦戦し、也真人自身も攻撃にうまく絡めたのは、1,2回程度だったのではないでしょうか。
 しかし、町田戦では右サイドで積極的に攻撃に絡み、ゴールも見事に決めてくれました。



 やはり形としては2列目から裏に飛び出す回数が増えたことによって、本人のリズムも出るようになったということでしょうか。
 相模原戦では後方へ引いてボールを受ける回数もいくつかあり、タスクとしては町田戦での高橋の仕事に近いものだった印象です。
 しかし、ゴール方向に背を向けてボールを触るだけでは、也真人の良さは出しにくい。
 また、昨日も話したように相模原戦では、也真人が下がる動きに対して相手インサイドがしっかりついてきたため、そこで自由に動けなかった。


 またチームとしてもこれまでのプレシーズンマッチでは、サイドチェンジをしてもWBが駆け上がるだけの単発で終ることが多かった。
 町田戦ではサイドチェンジ後に也真人などがうまく絡むことで、チャンスを演出することが出来ていました。
 相手チームのサイドにスペースが生まれていたこともあって、也真人が裏に走るだけでなく也真人がパスの出し手になることもあり、サイド攻撃に厚みが生まれていた印象です。



 町田戦でのゴールシーンも、かなり難易度の高いシュートだったのではなかったと思います。
 中盤から飛び出して、長い距離を走った後の切り返してのシュート。
 前にはDFが2人いた上に、GKのニアを射抜いてゴールを決めています。


 相手守備陣としてはDFが2人いたことによって、逆にマークが曖昧になった印象もありますし、GKもシュートコースが見にくかったのかもしれません。
 しかし、也真人からすればその一瞬の隙を、見逃さなかったということになりますね。
 北爪の左足で也真人の前に落とすパスも絶妙でしたし、右サイドの外を走った清武の囮になる動きも効いていたと思います。



 全体的にはジェフが押し気味で進めた試合ではありますが、決定機で言えばジェフは2,3本だけだったのではないかと思います。
 ゴールシーンと北爪のクロスから清武がダイレクトで合わせたシュートと、北爪がバー直撃のシュートを放つもオフサイドに終わったシーン。
 どれも北爪が大きく絡んでおり、表のMVPが也真人ならば、影のMVPは北爪と言えるのかもしれませんね。


 一方で町田は深津のゴール左隅に逸れたシュートや、優也のキックミスから谷澤がクロスを放ち井上がフリーでシュートを放ったシーン。
 重松が粘って吉濱がシュートを放った場面や、セットプレーからもチャンスを作っていた場面があった。
 シュート数でも町田がジェフを大きく上回っていたわけですし、チャンスの数で言えば意外と町田の方が多かった印象もあります。



 試合の大勢はジェフが上回っていたとはいえ、実際に試合を決めたのは決定力の差だったとも言えるのかもしれません。
 それだけ也真人のゴールは、大きかったということになるでしょうね。
 開幕戦でゴールを決めた也真人が、今年もチームを引っ張っていくのでしょうか。


 それとも他の選手が、ここから台頭してくるのか。
 船山の決定力問題も気になりますし、ラリベイもまだ確固たる強みは見せられていない。
 町田戦でも惜しいチャンスのあった清武が、ゴールを量産することが出来るのか。


 シーズンを通して考えると、町田だけでなくFWにもゴールを期待したいところだと思います。
 そのためにもチームとして、より多くのチャンスを作り出せるような攻撃を目指していきたいところですね。