工藤が水戸戦でトップ下としてスタメン出場

 工藤が水戸戦で、トップ下としてスタメン出場しました。
 ここ数戦、出場機会を得られていなかったので、突然のスタメン出場には驚きもありました。
 江尻監督はスタメンの選手を急にベンチからも外したり、ベンチ外の選手をいきなりスタメンで起用することが多いので、意外と読めないところがありますね。

 4-4-2にも近いトップ下での出場で、守備時は船山と同じ役割だったと言っていいのでしょう。
 今季の工藤は3-6-1のシャドーで一時レギュラーとしてプレーし、8月18日の大宮戦では4-1-4-1のインサイドでもスタメン出場しました。
 しかし、純粋なトップ下としてのスタメン出場は、これが初めてだったと思います。


 水戸戦での工藤は、攻守に良いプレーを見せていたのではないでしょうか。
 守備時には広範囲を走り回って、相手にプレッシャーをかけていました。
 試合序盤はクレーベと対面になったCB宮から楽に縦パスが通る状況でしたが、試合途中からクレーベと工藤が左右を入れ替えたことで、ある程度改善したところもあったと思います。

 一方で前半終盤には工藤があっさりとボランチの前にかわされて、そこから縦パスを通され小川が抜け出し決定機を作られています。
 この場面に限らず、工藤が無理に追いかけまわしすぎて、スペースが出来てしまう場面も目立ちました。
 また、工藤が追いかけてもクレーベなど周りの選手がついて来ないため、無駄追いになってしまっていたところもあったと思います。


 ただ、ジェフはリトリートの守備が構築できておらず、2トップが深追いしなくともパスコースなどを消せていないことが多い。
 セットして守る状態が構築できていないだけに、無駄でも追いかけた方がまだ効果は感じられる状況であると言えると思います。
 特にクレーベが守備をしない分、工藤がその周りで汗かき役を果たした意味は大きかったのではないでしょうか。

 さらに前節ほどではないにせよ、勇人も前に出ようとしすぎて、スペースが出来てしまったところがあった印象です。
 ただ、勇人も同様にセットしてパスコースを消す守備が出来てないからこそ、前に刈りに行かなければどうしようもないと判断していたのかもしれません。
 いずれにせよ、リトリートした状況でパスコースや中盤のスペースを完全に埋めきれない課題は、非常に大きな問題だと思います。


 また、工藤は攻撃時にもよく動いてボールを触って、うまく潤滑油になっていたと思います。
 特にここ数戦のジェフは米倉が起用されているにもかかわらず、攻撃が左サイドに偏りがちだった印象です。
 左サイドでなまじ勝ててしまうので、そこを使いたいという発想が生まれてしまうのかもしれません。

 しかし、いくら左サイドが強力であっても、そこばかりでは相手の守備が慣れてきてしまう。
 新潟戦の終盤も、そういたところがあったと思います。
 水戸戦でも左サイドに攻撃が偏りかけていたと思うのですが、40分過ぎに工藤が間で受けて米倉へとつないだあたりから、右サイドも使えるようになっていった印象があります。


 工藤がスタメン出場したことによって、ここまでレギュラーの座を維持してきた船山が控えに回ったことになります。
 チームとして為田などを活かす展開が増えたこともあって、船山が目立たなくなってしまっていたところもある印象です。
 しかし、それでも囮になる動きや守備など、地味なプレーでは貢献できていたのではないでしょうか。

 ただ、ここ最近の船山は運動量も少なく、コンディションも下降気味なのかなと感じました。
 あるいは、メンタル的な部分にも問題があるのでしょうか。
 思い切りのよいプレーも影を潜めていた印象で、船山の不調もあって工藤を起用したのかなとも思います。


 また、サイド攻撃が多いジェフですが、そこからトップ下などが飛び込んでゴールを狙うイメージはあまりないように思います。
 クレーベという強力なファーストターゲットがいる分、2列目の選手を使わなくてもいいということなのか。
 もう少しクレーベを見せつつ2列目の選手を活かしたい気もしますが、いずれにせよクレーベがいるためトップ下が飛び込む展開は少なくなっている印象もあります。

 それもあって、船山ではなく工藤を使っても違和感なくやれたのかもしれません。
 言い方を変えれば、クレーベという明確なCFがいるからこそ、トップ下はゴール前に侵入するタイプではなく、小柄でパスを繋ぐタイプでも成立したとも言えるのではないでしょうか。
 ただ、クレーベは守備に不安があり町田戦、新潟戦に続いて、水戸戦でもクレーベのところから相手CBが縦パスを展開する形を作られていますので、そこをどうにか周りがフォローする状況を作りたいところですが。


 一方の工藤にも課題はあって、小柄な選手ということもあって、引いた状態での守備はあまり計算できない選手だと思います。
 だから、一度右SHで起用されたものの、その後が続かなかったのでしょうか。
 それでも米倉を活かす形は工藤が最も期待できたのではないかと感じますし、もう少し試してもいいのではないかと思っていたのですが、冒頭で話した通り江尻監督は頻繁に選手を変える傾向のもあるため、あっさりと終わってしまいましたね。

 大宮戦の前半だけで終わった4-1-4-1もその時のみの採用でしたし、そもそも取って付けたかのようなシステムで、準備が十分ではなかったように思います。
 見切りが速いと言えば聞こえは良いのかもしれませんが、短期間で終わるくらいならば練習の段階で判断すればよいのではとも思ってしまいます。
 こういった傾向も前回監督時に感じていたことの1つですし、やはり監督としての根本の部分は変わっていないイメージがあります。


 工藤は江尻監督が前回監督時にもジェフでプレーし、2010年には背番号10を背負いキャプテンとしてプレーしています。
 しかし、勇人や茶野の復帰もあり、チームを牽引するとまでは至らなかった印象で、チームのJ1昇格もならず。
 翌年には京都に移籍してしまいました。

 今年も要所要所でよいプレーは見せていると思うのですが、レギュラーに確定することはなく、江尻監督からの信頼を取得しきれてはいないということでしょうか。
 江尻監督もまた、工藤を使い切れていない印象もあります。
 それでも工藤としては水戸戦での活躍によってシーズン終盤に向けて良いアピールになったのではないかと思いますし、江尻監督がどのように判断するのか注目ですね。