栃木戦でも最終ラインの間を突かれて失点

 0-1で敗れた栃木戦後ということでネガティブな話が続いてしまいますが、今期最後の試合となるだけにさぼらず振り返っておきたいと思います。
 試合後にも話しましたが、栃木戦では最終ラインの間を突かれて失点してしまいました。

 失点時の状況を図にすると、わかりやすいと思います。

f:id:aratasuzuki:20191202165753p:plain

 右SB久富からクロスを上げられると、ニアに走り込んだ大崎が触ってファーの田代がヘディングでゴールを決めています。

 ゴール前の人数は、ジェフが6人だったのに対し栃木は5人で、ジェフの方が多いくらいでした。
 にもかかわらず、ニアに1人、ファーには2人もフリーな相手選手がいたことになります。
 田代のエリアはオフサイドかなとも思われる微妙な位置ではありましたが、これだけ杜撰な守備をしているとやられても仕方がないなとも思ってしまいます。


 確かにこのプレーの前は、栃木がロングスローを展開してボールを拾われたところからでした。
 そのため、ジェフの守備陣はポジショニングを整えにくいところもあったといえるのかもしれません。
 しかし、その前のプレーでも栃木に右左サイドから攻め込まれて、サイドに増嶋が飛び出し1人で対応せざるを得なくなっていましたし、守り方に問題のある状況が続いていたことになります。

 これは9月末の岡山戦後にアップした図ですが。

f:id:aratasuzuki:20190930200117p:plain

 この時にもDFラインの間にスペースが出来て、そこにボールを通されたところからピンチに陥っています。

 具体的に言えば、サイドを攻め込まれるとSBなどサイドの選手がボールに寄っていきますが、CBはスライドしないので、その間にスペースが出来てしまうことが多い。
 この図を使用した際にも話しましたが、そういったスペースをボランチに入った鳥海はうまく消していたと思います。
 しかし、他のボランチは同じような動きをしていなかったことから考えると、チームとしての判断ではなく鳥海の自己判断で賄っていたのではないでしょうか。


 今季のジェフの失点が多かったのは、プレスがうまくはめられなかったこと、攻撃的な選手が多く守備に不安がある選手が多かったこと。
 また、尹監督も指摘しているように、選手の体力にも問題があり後半に入って足が止まってしまう傾向があったことなども考えられると思うのですが、全体的な守備バランスにも大きな課題を抱えていたと思います。
 それだけに選手が走れるようになれば守備が改善するというだけでなく、組織的な守備の構築も必要なのではないでしょうか。

 この図をよく見返すと、ニアでは大﨑だけでなくクロッサーの近くにいた浜下もフリーになっている。
 さらに久富のクロスは一度大崎の前でバウンドしており、それだけ外と中の間にスペースが出来てしまっていたことにもなります。
 外と中の中間にあたるハーフスペースを狙う攻撃が当たり前となっているこの時代に、これだけそのスペースを空けてしまうというのはさすがに問題ではないかと思います。

 このあたりの守備組織を改善できなかったことも、江尻監督の課題の1つでしょう。
 江尻監督は前回監督時にも堅い守備組織を作っていた印象はなく、選手頼りだったところがある印象です。
 鳥海のようにボランチが間を埋めるのか、DFライン全体でスライドするのか、SHとSBの関係でどちらかを外に出しどちらかが絞るのか、やり方・考え方はいろいろあると思うのですが、そこを決めるのは監督の仕事でしょう。


 尹監督が指揮を執ることで、そういった守備戦術の課題を解決できれば…と言いたいところではありますが、厳密に言えば戦術というのは基本的に付け足すものではなく、一から築き上げるものでしょう。
 選手の癖、動きというものは過去のチームに引きずられることもあるでしょうが、戦術=ルールは監督に拠るものとなるはず。
 特に今回の場合、今年のチーム成績は厳しく内容も乏しかった状況で、新シーズンから新監督の下で戦うことになるわけですから、戦術などは完全にリセットとなるのではないでしょうか。

 そうなるとうまくいくところもあるかもしれませんが、また別の課題が出てくるかもしれませんし、戦術的にはまた別物と考えた方がいいのかもしれません。
 とはいえ、選手個々の課題や特徴は基本的に変わらないはずなだけに、補強や入れ替えなどによって新チームが良いスタートを切れるような状況を作らなければいけないはずです。
 そのためにも、やはり今期のチームを十分に分析し、組織なのか個なのかそれ以外なのか、どこに課題があったのかをはっきりさせた上で、来期の準備をしなければいけないのではないでしょうか。