2020年J2開幕戦ベストイレブン FW&SH編

 せっかく今年のJ2開幕戦の全試合をチェックしたので、開幕戦でのJ2ベストイレブンを考えていきたいと思います。
 基本的に試合結果などはあまり加味せず、プレー内容を重視して選ばせていただきます。
 また、ただ活躍した選手の名前を上げてもつまらないですから、あくまでも私の好みで選定いたしました。
 システムは4-4-2で、今回はFWとSBの4人を紹介します。

■FW:小川航基(磐田)

 FWの一人目は、磐田の小川を選びました。
 小川は2ゴールを上げて、開幕戦となった山形戦で2-0での勝利に貢献。
 磐田としても上位候補の山形を相手にしっかりと勝てたということで、重要な一戦だったと思いmす。

 小川自身も昨年レンタル先の水戸で飛躍し、東京オリンピックでの活躍も期待されている選手の1人ですが、磐田でも戦えることを示しました。
 ただ、先制点に関しては相手のミスがらみのいわゆる"ごっつぁんゴール"で、さらに攻撃面での成長も期待されるところでしょう。
 しかし、開幕戦でも守備で献身的に働きポストプレーでも活躍していましたから、目立たない部分での貢献度は非常に高かったと思います。

■FW:遠野大弥(福岡)

 遠野は藤枝明誠高校を卒業し、昨年までの3年間JFLHonda FCでプレー。
 昨年オフに川崎に個人昇格し、即レンタルで福岡に加入した選手です。
 Honda FCでは昨年チームトップの9ゴールを上げ、JFLベストイレブンにも選ばれています。

 165cmと小柄な選手で、スピードがあって仕掛けもできる選手。
 スピードが乗った状況でボールを持ってもキュッと方向転換できるタイプで、相手DFにとっては止めにくいドリブラーだと思います。
 ダービーとなった開幕の北九州戦では決勝ゴールを上げ、1-0の勝利に導いているだけでなく、途中からは4-5ー1のインサイドに下がって守備でも活躍しました。
 

 その他のFW候補は新潟のシルビーニョ、渡邉新太、松本のセルジーニョ甲府のドゥドゥ、徳島の垣田裕暉、磐田のルキアン、群馬の大前元紀など。
 特にシルビーニョベストイレブンに入れようか迷ったのですが、前半のクレビーニョは群馬の守備に苦しんだ印象もあったので、選びませんでした。
 新潟は途中投入のファビオもはまれば怖そうですね。

■SH:西谷和希(徳島)

 徳島の西谷和希は東京V戦でハットトリック達成ということで、文句なしのベストイレブンだと思います。
 栃木から加入直後の試合となりましたが、大きくメンバーが入れ替わった徳島サポを安心させる活躍だったのではないでしょうか。
 なお、双子の弟である西谷優希は栃木に残っていますが、2人ともジェフ宇都宮出身の選手です。

 SHとして選ばせていただきましたが、厳密に言うと守備時は4-4-2のFWが基本。
 攻撃時は3-4-3の2シャドーに移る形で、試合登録ではFW扱いでした。
 難しい役回りだったようにも思いますが、得点面だけでなく裏抜けや仕掛けでも活躍し、チームに貢献しています。

■SH:杉本太郎(松本)

 SHの二人目は非常に迷ったのですが、松本の杉本太郎にしました。
 杉本は2014年に高卒で鹿島へ加入しますがなかなか出場の機会を得られず、2017年から2年間は徳島へレンタルして活躍。
 昨年松本に移籍し、J1でも27試合に出場しました。

 徳島ではインサイドでプレーするなど、より中盤的な仕事を任されていた印象もありますが、今年の開幕戦では左SHとして出場。
 杉本も小柄でクイックなプレーを見せ、チャンスメイクに貢献。
 チームは愛媛相手に2-1で勝利し、杉本は守備でも貢献していた印象です。


 その他にSHで活躍した選手は、長崎の澤田崇、磐田の大森晃太郎、大宮の近藤貴司、琉球の河合秀人、町田の吉尾海夏、栃木の明本考浩、北九州の新垣貴之など。
 若い日本人選手が多い印象で、将来的にも楽しみですね。
 ジェフに関しては90分間ほぼ守備をしていて攻撃面での評価が出来ないので、特に前目の選手は選びにくい展開だったと思います。
 再開後の活躍に期待ですね。