2020年J2開幕戦ベストイレブン CB&GK&MVP編

 2020年J2開幕戦ベストイレブン
 最後はCB、GKの3人と、MVPを選んでいきたいと思います。
 また、ベストイレブンのまとめ画像も作成しました。 

■CB:舞行龍ジェームズ(新潟)

 CB1人目は、新潟の舞行龍を選びました。
 新潟と開幕戦で対戦した群馬は、前半に大前を中心とした良い攻撃を仕掛けてきましたが、舞行龍を中心とした新潟の守備陣が相手の攻撃を跳ね返したことによってスコアレスで折り返し。
 これが後半の反撃に繋がり、3-0で新潟が勝利しています。

 舞行龍は高さ・強さがあるだけでなく、ビルドアップの起点にもなっていました。
 昨夏に新潟に復帰する形で完全移籍を果たした舞行龍ですが、フルシーズン戦っていれば年間ベストイレブン有力候補だったのではないでしょうか。
 しかし、川崎での2年半ではリーグ戦で3試合しか出場できていなかったということで、J1上位とJ2との大きな差を感じるところもあります。

■GK:水本裕貴(町田)

 広島から町田へレンタルで移籍した水本ですが、いきなり町田のキャプテンに任命され後方からチームを支えました。
 町田はCBが若干弱い印象もありましたので、ピンポイントな補強になったのではないでしょうか。
 オシム監督の弟子であるポポヴィッチ監督が町田の監督に就任したことも、加入する上で重要だったのかもしれません。

 ジェフ時代、オシム監督にマンマークを叩きこまれた水本ですが、もともとクレバーな選手でもありますし、さらに経験も積んでカバーリング面でも活躍できるCBになりました。
 開幕戦ではビルドアップ面でも貢献し、攻守に安定したプレーを見せていたと思います。
 大きな穴がなく、何よりミスをしないことが大きいですね。


 その他のCB候補は、磐田の大井健太郎藤田義明、大宮の河面旺成、長崎の角田誠、福岡の上島拓巳、京都のヨルディ・バイス、山口の菊地光将など。
 一昔前のJ2のCBはただ跳ね返すだけでOKだったようにも思いますが、今はしっかりと繋げて走れることが必須といった印象です。
 それだけ、CBのレベルが上がっているとも言えるのでしょうか。

 ジェフも開幕戦で完封勝利を遂げたものの、新井一輝はパスなどでイージーなミスが目立ちました。
 チャンも不安定なところがあったと思います。
 特に一輝はJ2の中でも活躍してほしい選手ですから、さらに上を目指してほしいところです。

■GK:白井裕人(金沢)

 チームは岡山を相手に0-1で敗れてしまいましたが、GKには白井を選びました。
 ハイボールへの対応に体のブレを感じず、落ち着きのあるパフォーマンスを見せていました。

 J2ではビックセーバータイプのGKが取り上げられることが多いですが、ミスの少ない安定感のあるGKはあまり評価されない印象もあります。
 単純に、ビックセーブの方が目立つというところもあるのでしょう。
 そんな中で白井は見ていて安心感のあるGKだと思いますし、近年のJ2の中でも屈指のGKと言えるのでしょう。
 

 その他のGK候補は、町田の秋元陽太、磐田の八田直樹など。
 秋元は開幕戦で甲府の泉澤との1対1を見事にストップし、0-0の勝点1確保に貢献。
 八田も落ち着いたプレーぶりで、山形との試合を2-0の完封勝利で納めています。

 しかし、J2全体で見ると山形のGK櫛引や京都のGK清水が失点に直接つながるミスをしてしまうなど、GKの残念なプレーが目立ってしまいました。
 開幕戦ということで試合勘の問題もあったのかもしれませんが、そこはプロですしあまり言い訳にはしたくないところではないでしょうか。
 やはり日本はGKのレベルに課題があるのかなと思いますし、それもあって韓国人GKなどの活躍が目立っているのかもしれませんね。


 最後にMVPは。

■西谷和希(徳島)

 ここはベタではありますが、ハットトリックを決めた西谷和希を選びました。
 2ゴールを決めて守備やポストプレーでも貢献した小川航基、守備で強さを見せビルドアップでも貢献した新潟の舞行龍ジェームズなども候補として考えました。
 しかし、やはり移籍直後の開幕戦でハットトリックを決めたインパクトは大きく、メンバーの大きく入れ替わった徳島の不安を一蹴したという意味でも素晴らしい活躍だったと思います。

 西谷和希は流経大から当時J3だった栃木に加入し、4年間チームを引っ張ってきました。
 結果的にそこからのステップアップということにもなると思いますし、飛躍の年となるのでしょうか。
 ジェフ宇都宮スクール出身ということで頑張ってほしい選手の1人ですし、西谷和希の活躍を見るためにもJリーグ再開に期待したいところがありますね。


 最後にベストイレブンのまとめ。
 久々にFootball Tacticsを使ってみました。
 画像サイズなどはこちらの方が良い気もしますし、シンプルなものは作りやすいのですが、Adobe Flashで動いているので、今年で使用できなくなる可能性があるという大きな問題があります。

f:id:aratasuzuki:20200422175740p:plain

 ベストイレブンを考えている段階では全く気付いていなかったのですが、こうやって画像1つにまとめると外国籍選手が1人もいないことに気づきました。
 それだけ、日本人選手が頑張った開幕戦だったとも言えるのでしょう。
 ただ、外国籍選手はコンディショニングなどで後れを取ることもありますから、シーズンが進むにつれて目立っていく場合も十分にあると思います。

 全体的に見ると若手も中堅もベテランもいて、結果的にバランスが良くなったようにも思います。
 ジェフの選手も、ベストイレブンに文句なしで選ばれるような活躍を期待したいところ。
 しかし、その前に新型コロナウイルスの猛威が落ち着き、Jリーグを再開できるかどうかが何よりも重要ですね。