再開初戦で米倉、川又を外してアラン、山下がスタメン

 再開初戦となった大宮戦では、ハードワークをして守備面で貢献できる山下とアランがスタメン出場となりました。
 2人は開幕戦でも途中投入されていますし、以前から戦力として期待されていたのでしょうが、米倉を外しての起用は意外でした。
 中断明けということもあって、まずは守備を重視したということかもしれませんが、今季は主軸として活躍してほしい米倉が外れたことはチームとしても非常に残念ですね。


 米倉はG大阪で守備を学んだといっていましたが、依然として細かな守備に不安がありますし、アランの方が真面目で粘り強い対応が出来る選手だと思います。
 また序盤から目立ったのは山下の守備で、開幕戦でのクレーベ・川又のコンビは守備面での課題が多すぎただけに、山下のプラス効果が大きく出ていたのだと思います。
 川又は局面ではしっかりと走っていたものの、戻りなどが遅く1度追うと止まってしまうことも多かっただけに、クレーベよりはまともというレベルで、決して守備で計算できるFWではないと思います。

 開幕戦では、こんなシーンもありました。

yukkuriikou.hatenablog.com

f:id:aratasuzuki:20200226143611p:plain

 琉球が左サイドから繋いで、ボランチの上原が縦パスを出してチャンスメイクするシーン。
 図の通り、クレーベと川又の間をボランチに取られて攻撃を作られています。
 相手ボランチがフリーでパスを出せてはいくら後方がしっかり守っても苦しくなっていきますし、こういった展開が幾度となく作られていました。

 しかし、昨日も使用した以下の図でもわかるように、大宮戦では山下が相手ボランチをマークしていた。
 これによって大宮は左右CBが持ち上がっても、中央のボランチは経由できなくなり、大宮の選択肢を狭めていました。
 山下は相手が左から攻めてくれば相手の左ボランチを、相手が右から攻めて来れば相手の右ボランチを見ることも多く、1人で2人分走っていたようにも思います。

f:id:aratasuzuki:20200629125702p:plain

 山下は序盤に河本にかわされるなど、凄く守備がうまい選手ではないのかもしれませんが、真面目で最低限の仕事はしっかりとこなし、球際にも強さを感じました。
 ただ、25分頃には山下の動きが徐々に落ちていき、全体のラインも下がりがちになっていきました。
 クレーベが守備に関与しないこともあって、山下に無理が出てしまった部分もあったのかもしれません。


 また、攻撃面では物足りなさも残りました。
 現状のサッカーだとSHが攻撃をカギを握るのではないかと思っているのですが、チーム全体として噛み合っていない印象があります。
 右のアランだけでなく、左の堀米も活躍しきれなかったですね。

 大宮戦でのジェフの攻撃は、まずSHが裏に走る展開を狙っていたように思います。
 しかし、長いボールも多く、フォローも少ないため単発になりがちで、ボールのロストが目立っていました。
 徐々にSHが裏を狙う展開も、作れなくなっていった印象でした。


 裏を狙えなくなると、本来FWであるアランはサイドでポストプレーを狙う場面も目立っていきました。
 昨年終盤はその動きが効果的に機能していたところがあったと思いますが、今年はSBがほとんどオーバーラップを仕掛けないため、アランが落とそうとしても受ける選手がいない。
 そうなってくると、アランは裏抜けも上手くいかず、ポストも機能せず…と、攻撃面で貢献できない状況なってしまいます。

 守備では活躍していたアランでしたが、攻撃面でどう使うつもりだったのか、いまいち意図が見えにくい試合だったと思います。
 1つ考えられるのが、ゴール前へ右SHが飛び出す展開で、だから開幕戦では米倉、今回はアランを使ったのでしょうか。
 ただ、大宮戦では右サイドで攻撃を作ろうとする回数が意外と多かったですし、左サイドも堀米が無理な姿勢から仕掛けてクロスを狙う展開ばかりでしたから、アランが飛び込むシーンもほとんどなかったと思います。


 とはいえ、米倉が途中投入された後も攻撃面は改善されませんでしたし、アランを責めるのはお門違いでしょう。
 アランと山下に関しては守備を期待されたのだろうと思いますし、むしろ求められたタスクには答えられたと言っていいのではないでしょうか。
 山下は試合途中から運動量が落ちた印象がありましたがフル出場を果たしましたし、アランに関しては後半に入ってからも動けていたように思えます。

 しかし、それでもチームとしては、攻守において課題も見られた。
 守備から入った試合だったからこそ序盤は堅守を築けたのでしょうが、その分失速してしまったのであれば序盤の戦い方も含めてうまくいったとは言い難いとと思います。
 アランや山下が起用されたのは、やはりハードワークタイプが少ないから出場機会が回ってきたところがあるのではないでしょうか。
 しかし、選択肢が少ない印象は変わらず、選手起用も含めて悩みが尽きない状況ですね。