14位で折り返しのジェフ 琉球戦で問われるプレスの質

 連戦中のJ2ですが、9月23日(水)に第21節が終了。
 これでシーズンの折り返しということになります。
 新型コロナウィルスの影響により異例の過密日程で進んでいるため、中断明けからあっという間のシーズン前半終了ですね。

 J2全体を見ていくと、ここまで北九州、徳島、長崎の3チームがリードしてきました。
 ただ、その中でも首位を走っていた長崎は、ここ6試合勝ち星なしと足踏み状態。
 その長崎を勝点3で追うのが、新型コロナウィルスからキャプテン前が復帰して一気に順位を上げてきた福岡、そこからさらに勝点3差で京都、甲府が続きます。

 その上位6チームに加えて、戦力豊富な磐田、新潟が後を追う展開。
 今後も長崎のように一気に調子を落とすクラブもあり得るでしょうし、まだまだ流動的な部分は残されています。
 しかし、2位までの昇格を狙えるチームは、あらかた固まってきたといえるのかもしれません。


 そんな中、ジェフは現在14位で2位徳島との勝点差は17と、今年も昇格はかなり厳しい状況です。
 先日も話したように、近年のJ2はピラミッドが明確になりつつある印象で、今年のジェフも中の下のポジションから抜け出せない展開となっているように思います。

yukkuriikou.hatenablog.com

 その他のデータを見ていくと、ジェフのここまでの総得点数27は10番目に多い成績、総失点数26と14番目タイに少ない数字と、どちらもあまりうまくいっていない状況です。
 尹監督の特性を考えれば、攻撃面に関してはある程度目を瞑るべきなのかもしれません。
 しかし、守備面も思ったより整備されないなというのが正直な感想です。


 ここ数戦は守備的なメンバー構成にしたことによって、結果的に守備が改善された部分もあるとは思います。 
 しかし、愛媛戦でも間を取られるシーンは目立ち、岡山戦でも後半はラインが下がってしまいました。
 山口も相手のボランチやGKなどが低い位置からビルドアップを開始すると、プレスをかいくぐられて攻撃を作られてしまう問題が見受けられたと思います。

 もちろん選手にも課題はあるとは思いますが、戦術面においても攻守に細かなところが作り切れない傾向にある印象を受けます。
 尹監督が過去に成功したチームは土台がしっかりしていた印象で、その上で尹監督が発破をかけてうまくいったパターンだったように思いますが、今のジェフに必要なのはその土台を作れる監督ではないでしょうか。
 今年は異例の日程でもありますし、来年までは尹監督でいくのではないかとは思いますが、その時にうまくいっているかどうか、チームが傾ていないかどうかは現状では何とも言えない状況ではないかと思います。


 さて、ジェフのシーズン後半戦第1戦は、アウェイで琉球と対戦です。
 琉球は現在6勝5分10敗で、勝点23の18位。
 ただ、14位のジェフも8勝2分11敗の勝点26ですから、この試合の結果で勝点が並ぶ可能性もあります。

 下位に低迷する琉球ですが、ここ4試合は3勝1敗と好成績を収めています。
 ジェフもここ4戦は2勝2敗ですので、好調なチーム同士の対戦ということに。
 ここ最近の成績を受けて、どちらが波に乗れるのか、注目の1戦ではないでしょうか。


 ここ数戦の琉球には特徴があって、町田には2‐4で敗れ、大宮には5‐1で勝利、京都には0‐1で敗れていますが内容は一方的な京都ペースで、水戸戦は3‐2で勝利、そして前節松本戦では6‐1で大勝しています。
 スコアが激しく動いた試合が多いだけでなく、試合内容も白黒はっきりとつくことが多い印象です。
 好調ではありますが、波が大きいということでしょうか。

 琉球は攻撃的なチームなだけに、攻守において前への姿勢が見せられるかどうか。
 琉球の選手が前を向ける状況を多く作れれば、今は勢いもあるだけに琉球ペースになりやすい。
 しかし、琉球は受けに回ってしまうと、守備時の寄せも甘い傾向にあるし、サイズの問題もあって大きく苦戦する試合が多いように思います。


 それだけにジェフとしては、プレスに行って簡単に前に向かせないようにしたい。
 しかし、チーム状況の問題も大きいでしょうが、松本もプレスに行ったものの琉球にかわされて6失点もしてしまった。
 ただ単純にプレスに行けばいいというだけではなく、琉球のパスワークを止められるだけの精度と速度と強度を持ったプレッシングが必要になってくると思います。 

 琉球も守備面においては課題が大きいチームで、総失点37は山口と並んで最下位の成績。
 山口とは違って前への姿勢を変えていないチームですし、ジェフが良い守備をできれば得点のチャンスは広がっていくのではないでしょうか。
 尹監督が就任して守備的なサッカーを目指しているジェフは、前からのプレスの整備が目下の重要課題ではないかと思いますし、それを掻い潜ろうとしてくる琉球戦はプレスの質が問われる大事な試合となるのかもしれません。