分析力と選手層の厚さを見せつけてフランス相手に4‐0で大勝

 東京オリンピック、グループリーグ最終戦
 日本代表はフランス代表と対戦し、4-0で大勝となりました。

 フランスはメキシコと同じ4-1-2-3のシステムでしたが、日本はメキシコ戦からプレスのかけ方を変えてきました。
 メキシコ戦での日本は相手アンカーを厳しくマークし、トップ下の久保などがそこでボールを奪っていきましたが、フランス戦ではトップ下が前へプレスに出ていき、1トップと共に相手CBへ寄せていきました。
 さらに、状況によっては、左SHに入った旗手が前へプレスに行き、3枚で追いかける展開も見られました。

 これは、相手のビルドアップの違いを、分析してのことでしょう。
 メキシコはアンカーを使ったビルドアップも多かったですが、フランスはアンカーのトゥサールを経由することが少なかった。
 その分、右インサイドのサバニエが最後尾まで下がって2CBと3枚でパスを繋ごうとしていましたが、その3枚に対して日本も3人でプレスに行ったということになります。


 このプレスによって簡単に縦にパスを出させず、立ち上がりから組織的な守備を展開していきました。
 一方のフランスも過去2試合で失点が多かったこともあってか、試合序盤はコンパクトな守備を集中してやってきたと思います。
 これによって途中までは、どちらも守備が堅く締まりのある流れになりまりた。

 攻撃においては、日本が積極的に裏を突く仕掛けをしてきました。
 サイドの裏を取って相手を押し下げておいてバイタルエリアを狙ったり、逆に中央で縦に走り出して相手を引き付けサイドを取ったりと、中と外をうまく使えていたと思います。
 久保は足元の技術だけでなく、ボールを引き出す動きも質が高いんですね。


 日本が一部スタメンを変えた理由は、選手を休ませる意図や累積警告を気にしたのかなと思いましたし、実際そういった意図もあったのだろうと思います。
 しかし、旗手は前へのプレスと裏抜け、上田も裏抜けとシュートのうまさを期待されての起用で、決してただ単純に主力を休ませただけではなかったように思えます。
 どちらもその起用の意図がハマっていたと思いますし、怪我から復帰した冨安や途中起用の選手も含めて、メンバーを変えても大きく力が下がることはなく、逆にプレーのバリエーションを見せており選手層の幅も感じました。

 プレスのかけ方や裏抜けからの攻撃が決まったのも、日本の分析力が出たのかなと思います。
 ロシアW杯でも日本代表は相手を分析して相手の弱点を突き、自分たちの良さを出して結果を残していった印象です。
 スカウティングも含めてチームとして戦えているのかなと思いますし、日本人スタッフとの連携を見せられることが、日本人監督を起用するメリットにもつながるのかもしれません。


 とはいえ、それが実行できるのも、日本の選手たちのレベルが上がったからこそ。
 あのフランス代表やメキシコ代表を相手に本気の舞台でしっかりと戦って勝てるわけですから、すごい時代になったなぁと思います。
 もちろんフランス代表はメンバー選考も含めて本気ではないと言われていますが、それでもピッチ上では全力で戦ってきたはずです。

 2001年に日本代表がフランス代表に敗れたサンドニの悲劇は、0-5での敗戦でした。
 あの時は親善試合でしたし、フル代表で、やり返したというには1点足りません。
 さらに一方的な試合展開でもあったわけですが、それでも今回の4‐0はフランスフル代表候補たちに十分なインパクトは与えたのではないでしょうか。


 ちょうど解説の森岡サンドニの悲劇に出場しており、森岡は一度もフランスに勝てなかったと話していました。
 それほど大きな差があったわけですから、やはり当時を知っている身としては感慨深いものがありますね。
 日本代表を指揮したオシムさんも喜んでいるでしょうか。

 この試合でも後半途中の日本は、相手に押し込まれ厳しい時間帯がありました。
 相手が攻め込んできた時の守備には不安がありますが、このチームは押し込まれた状況でもカウンターが狙える。
 メキシコ戦の序盤もそうでしたし、そこの強さも感じた試合だったかなと思います。


 次の試合は、グループBを2位で抜けたニュージーランドとなりました。
 そして、そこを勝てれば準決勝で、スペインとコートジボワールの勝者と戦うことになります。
 決してメダルまでは楽な道のりではないですが、グループリーグ3戦全勝を遂げたのは日本だけですし、自信を持って頑張ってほしいですね。

 ニュージーランド戦は7月31日(土)。
 鹿島スタジアムでの試合となります。
 今度は18時キックオフということで暑い気候が予想されますが、良い結果を期待したいところです。