ハーフスペースから風間が起点になり見木がアシスト

 ジェフは昨年からサイドに人数を集めて、パスを繋ぐ展開を狙っている印象です。
 大外に2枚、ハーフスペースに2枚が位置取りして四角形を作り、そこに他選手も集まっていく。
 それによって相手を押し込み、裏を取ってグラウンダーのクロスを狙うことも多かったですね。

 しかし、サイドに大人数が集まってしまうため、ゴール前の人数が少なくなってしまう。
 それもあって、グラウンダーのクロスもマイナスのものが多く、結果的にゴール前を外した攻撃になってしまう。
 攻め込んでもゴール前では勝負できないことになり、攻撃の迫力不足に繋がり、ゴール数も伸びていかない現象が起こっていたように思います。


 しかし、ここ最近は怪我人も出たこともあって、ブワニカをシャドーや2トップの一角で使うようになった。
 それによって、ゴール前の人数不足、パワー不足は若干補えた試合も増えてきたように思います。
 実際、前節甲府戦ではパワープレーのような混戦状態から、ブワニカが押し込んでゴールを奪っています。

 ただ、大型2トップにしたせいか、今度はサイドに集まるパスワークが目立たなくしまった。
 昨年途中から3バックにしたジェフですが、昨年のスタート時は4バックで、その頃からサイド寄せのパスワークは狙っていた。
 しかし、2トップの一角は見木や船山など中盤もこなせるアタッカーが入っていて、かなり流動的に動いていました。


 この辺りは、試合後にも話した通り。

yukkuriikou.hatenablog.com

 結果的にサイド寄せのパスワークが見られなくなったことで、DAZN解説の永井も話していたように、特に前半は大外からのクロスの増えてしまった。
 さすがに距離のあるアバウトなクロスだけでは、大型2トップでもゴールは難しい。
 相手にクロスを蹴らされているような状況で、外からクロスを上げて跳ね返されて終わりという展開が続いてしまいました。


 しかし、ゴールシーンだけは、1つ変化をつけることができた。
 左サイドを走り込んだ秋元からのパスを、ハーフスペースで風間が受けて見木へと落とす。
 これによって見木は大外ではなく、中央寄りの位置でボールを持てた上、良い位置からフリーでクロスを上げることが出来ました。

 このクロスが見事でGK志村も前に出れず、相手DFも対応できない素晴らしいボールを供給しています。
 この質のボールが蹴れたのも、大外ではなくハーフスペースからクロスを上げることが出来たからでしょう。

 さらに今まではハーフスペースをとっても、そこから先に問題があった。
 しかし、この日は2トップだったため、ターゲットが2人以上待ち構えていて、ハイクロスの意識も高まっていた。
 結果的にサイド寄せのパスワークと、大型2トップの2つがうまく交わった瞬間だったと思います。


 ただ、その回数が非常に少なければ、このゴールも偶発的で終わりかねない。
 サイド寄せのパスワークからのチャンスメイクと大型2トップによるゴールへの迫力。
 この二つをチームとして意図的に融合させる意識がなければ、今回だけで終わってしまう可能性もあるのでしょう。

 今後、得点力不足に対して、どうチームとして向き合っていくのか。
 若手選手の成長や怪我人の復帰を待つだけでは、根本的な解決には進まないでしょう。
 今回のゴールなども参考にして、自分たちの目指すべき攻撃の形を作り上げていってほしいですね。