第30節 ジェフ 3-0 群馬 いまひとつな内容も相手のミスもあり4試合ぶりの勝利

 群馬戦は開始早々に相手のミスからジェフが先制。
 その後は群馬も良い流れで進みましたが、前半ATにも2点目をゲットと、良い時間帯に2ゴールが生まれました。
 これでかなり楽な展開となりました。

 ただ、全体的には流れの中で良い時間帯を作れていたのは、群馬の方だったと思います。
 ジェフはプレスも甘く、攻撃も数える程度しか作れず、守備の時間が長かった。
 守る展開でもうまく相手の攻撃を抑えられていればいいのでしょうが、決して守備も安泰ではなかったと思います。


 群馬は攻撃で惜しい形を作るも、最後の質が足りず。
 守備でも大事なところでのミスが目立ち、失点が続いてしまった。
 残留争いをするJ2チームらしく、内容は悪くないけれど、攻守において大事なところでのクオリティに欠け負けてしまうといった印象だったと思います。

 一方のジェフは、攻守にいまひとつな試合内容だったと思います。
 相手のパスワークも止めきれないことが多かったし、ボールを持ってもサイドからの窮屈な展開が目立った。
 それでも4試合ぶりの勝利ということで、これをきっかけに内容も改善してくれるといいですね。

■いい時間帯に2点を奪い0‐2で前半を終える

 ジェフは、前節負傷交代した高木と秋山がメンバー外。
 かわりにブワニカと末吉が、スタメンに入りました。
 サブには来季昇格が内定したばかりの新明と、ダニエル・アウベスが入っています。

 群馬も前節負傷交代した鈴木国友が外れ、光永がベンチにまわり、新加入の高木と加藤がスタメン。
 光永青森山田出身で、高橋の2個下ですね。
 右SBには高卒新人の岡本が入っています。


 開始早々、相手のミスからジェフが先制。
 GK新井からのロングキックから、中盤で浮き球の展開になり、城和が後方にヘディングでバックパス。
 しかし、これがジェフに取って裏へのパスのようなボールになり、風間宏矢が拾ってゴール。

 4分には群馬のチャンス。
 左からのCK。
 風間宏希が蹴ると小島がファーで合わせますが、ゴールの右。


 14分にも群馬の攻撃。
 左サイドからのパスワーク。
 高木がアーリークロスを上げると、平松が飛び出して合わせますが、枠の外。

 立ち上がりから、群馬がプレスでリズムを掴んでいきます。
 ジェフは群馬のパスワークを止められず、守りの時間が続きます。
 しかし、前半途中から群馬の運動量も落ち、徐々にジェフもボールを保持していきます。


 30分、群馬の攻撃。
 城和からのパスを受けた岡本が右サイドで仕掛けて、マイナスのクロス。
 細貝がミドルシュートを狙いますが、GK新井の正面。

 試合が停滞していきますが、前半ATにジェフが追加点。
 新井一耀、福満、風間宏矢と繋いでクロス。
 ゴール前でぽっかりと空いていたブワニカが頭で合わせ、0‐2で折り返します。

■群馬が攻め続けるも1点を奪って3‐0の勝利

 2点ビハインドの群馬は、小島を下げて山中を投入。
 49分、群馬の攻撃。
 中盤の岩上から右サイドに展開し、岡本が落として風間宏希が狙いますが、GK新井が反応。

 その直後にも群馬の攻撃。
 岡本が右サイドを仕掛けてクロス。
 岩上がヘディングシュートを放ちますが、GK新井がセーブ。


 63分にも群馬の攻撃。
 岩上からの縦パス。
 平松が落として、風間宏希がミドルで狙いますが、GK新井の正面。

 66分にも群馬のチャンス。
 右サイドからのCK。
 風間宏希がグラウンダーのボールを蹴ると、こぼれたところを拾った細貝が強力なシュートを放ちますが、GK新井がセーブ。


 ジェフは70分、レオンソ、風間宏矢を下げ、ソロモンと、高橋を投入。
 守備機会が続いていたジェフですが、74分、ブワニカが長い距離を持ち上がると思い切ってミドルシュート
 これをGK櫛引がこぼしてしまい、ソロモンが詰めて0‐3。

 77分、群馬は岩上を下げて、白井氏を投入。
 79分、ジェフは新井一機と福満を下げて、佐々木と米倉を投入。
 83分、群馬は平松、加藤に代えて、深堀、奥村を起用。


 3点目が動いた後も群馬が攻め続けます。
 88分、ジェフは末吉を下げてダニエウ・アウベスを投入。
 左WBにはいりました。

 92分にも群馬の攻撃。
 左サイド奥からのFK。
 城和が合わせますがこれも決まらず、3‐0でジェフの勝利となりました。

■いまひとつな内容も勝利を切っ掛けに流れを変われるか

 群馬戦前はジェフが攻めて群馬が守る展開になるかと思ったのですが、逆の形となりました。
 早々に先制したことも大きかったでしょうが、キックオフ直後も群馬の方が勢いがあって、押し込まれていた印象でした。

 群馬はパスワークのテンポが良く、ボランチを中心に丁寧に繋いでいく。
 そこに対して、前半のジェフはMFが前に出ると裏を取られ、そこを起点とされていた。
 後半のジェフはMFが下がりすぎる傾向があって、MF前を取られてそこから展開されていた。


 前節までに続いて、前からのプレスにもいけなかったので、そこから後手を踏んだでしょうが、中盤の守備も怪しい展開でした。
 だからこそ、「いまひとつ」といった印象で、うまくセットしたリトリート守備で相手を封じたといった内容ではなかったと思います。
 群馬はサイドからの攻撃も良い形を作れていたと思うのですが、そこからのクロスやラストパス、シュートなど最後の精度が良くなかったですね。

 ジェフは単純に前への勢いも欠き、動きのキレも足りなかった印象でしたが、それでも勝利できたのは、相手のミスが大きかったと思います。
 1失点目は完全に相手の連携問題でしたし、2点目もぽっかりとブワニカが相手し合った。
 3点目も起点となったブワニカに対して複数人がいたにもかかわらず潰しきれず、GK櫛引もこぼしてしまった。


 ここ数戦勝利からも遠ざかっていましたし、手放しで喜べるような内容ではなかったと思います。
 ただ、2点目の崩しに関しては、今年狙っているように見える相手の左SB裏を取った攻撃でしたし、そのパターンが確立できればという希望もあるかもしれません。
 また、若いブワニカやソロモンが結果を残せたことも良かったですね。

 ただ、この内容が続くようだと、下位チームには勝ててもその他のチームには苦戦するかもしれません。
 この勝利をきっかけに、流れが変わるといいですね。