カタールW杯 日本代表 0-1 コスタリカ代表 守りを固められショートカウンターも封じられて敗戦

 試合前にも話した通り、ドイツ代表戦とは異なる展開になった日本代表。
 求められるものもドイツ戦とは変わった結果、苦労してしまった印象です。
 非常に悔しい試合となりました。  

yukkuriikou.hatenablog.com

 日本は怪我の酒井、田中、久保、伊東、前田に代えて、山根、守田、相馬、上田をスタメン起用
 もっとメンバーを変えてくるかとも思ったのですが、さすがにベテランの吉田や長友、チームの軸である遠藤あたりは変えられなかったということでしょうか。
 ドイツ戦で選手交代が成功し層の厚さを感じたとはいえ、さすがに大幅なメンバー変更はチームそのものを変えてしまう可能性もありますし、仕方のないところなのかもしれません。

 コスタリカ代表は、初戦の4‐4‐2から5‐4‐1のシステムに変更。
 日本がドイツの3バックに変化するシステムに苦しんだためこの形にした可能性もありますが、コスタリカはドイツほどは攻められないわけで。
 0‐7で敗れたスペイン戦での反省を踏まえてか、単純に後方を埋めるための守備的な変更だったようにも思います。


 キックオフ直後こそ気合いを入れる意思もあったのか、前に出ていった両チーム。
 しかし、5分過ぎからは試合が落ち着き、日本がボールを持つ時間帯となっていきます。
 5‐4‐1に変更したコスタリカは、かなり引いて守る戦術を取っていきました。

 ドイツ戦と異なり日本が攻める展開になるだろうと予想は出来ましたが、思った以上に相手が極端に守りを固めてきた印象はありました。
 後方で引いて守るコスタリカから、どうゴールを奪うのか。
 ミスも多くなかなかゴールを奪えなかった日本は、30分過ぎから長友を左CBに下げる3バックにシフトし、山根を押し上げる工夫をしていきます。


 後半からは上田、長友を下げて、浅野、伊藤を投入。
 後半は前半より、日本も前に出られる展開となりました。
 浅野の動き出しで前線が活性化していき、攻め込む回数が増えていきました。

 ただ、徐々にコスタリカも慣れていくと、日本も疲れが見えてきた81分。
 吉田のクリアが小さく、守田の対応も遅れると、相手に見事なミドルシュートを決められて失点。
 大きな1ゴールが決まってしまいます。


 その後、三苫のドリブルでチャンスを作るなど1点を奪いに行きますが、決定打は作れず。
 0‐1で悔しい敗戦となってしまいました。
 攻め込んでいただけに、歯がゆい試合となってしまいましたね。

 コスタリカは後方で引いて守り、ボールを保持しても前に出ていく選手が少ない戦い方でした。
 後半、日本が何度か高い位置でボールを奪っても、数的優位が作れずドイツ戦のようなハーフカウンターを打ち出せない展開に。
 コスタリカは日本のハーフカウンターを、かなり警戒してきたように感じました。


 日本はカウンター展開を狙えれば良いですが、引いて守られた展開でどうゴールを奪うのかといった手段に関しては、若干の不安もあったと思います。
 長身CFもおらず放り込みも難しいですが、ユース代表にもソロモンが選出されていないのを見ても、今のJFAはそういった展開を考えていないのかもしれません。
 それはそれで1つの考え方だとは思いますし、実際問題としてフル代表レベルだと長身FW候補が少ない問題もあるのかもしれませんが、今のフル代表はプレースキッカーも少ないだけに、一発狙いというのが難しい問題がありますね。

 また、単純に鎌田や上田、守田など、一部選手は動きがもう1つだったようにも思います。
 過密日程の問題か、キックオフ時間が異なり暑さもあったのか、緊張なども影響したのか。
 単純なミスが多かったのが残念です。


 改めて今のサッカーは、引いて守られるとこじ開けるのは難しいことを感じますね。
 かといって、コスタリカもあの1発で勝てただけで、勝てる可能性が高い戦い方だったかというと疑問があるわけですが。
 日本に関しては、ここで勝てなければスペイン戦で厳しくなるという焦りもどこかにあったのかもしれません。

 この後のスペイン代表対ドイツ代表戦の結果次第で大きく状況が変わるわけですが、もともと厳しいグループに入ったことにはわかっていたわけで。
 日本の場合、ドイツ戦で消耗してしまった部分もあるのかもしれませんが、ここからの数日間でスペイン戦に向けてもう一度気持ちを入れ直して頑張ってほしいと思います。