こぼれ球を拾って小島のクロスから鈴木大輔がゴール

 愛媛戦の10分、ジェフが中盤で得たFKを見木が蹴ると、ゴール前ではじかれ左サイドでチャンがこぼれ球を拾います。
 そこからのパスを受けた小島が、少し持ち上がり切り返してアーリークロス
 これに鈴木大輔がニアで飛び込んで、頭で合わせて先制ゴールを決めています。


 まず、小島のクロスの質が非常に高かったですね。
 鈴木大輔の前には相手選手が1人いましたが、それを越えた上で鈴木大輔の頭にピタリと合っています。
 一山超えて味方選手に合わせるキックというのは、クロスボールの理想の1つだと思います。

 また、合わせた鈴木大輔のヘディングシュートも見事でした。
 相手選手の背後でうまくフリーになっている上に、頭を振って合わせているため、シュートに力が乗っていた。
 GK秋元は反応してボールに触っているのですが、それを弾いて決めったのもしっかりパワーのあるシュートを打てたからだと思います。


 クロスもシュートも質が高かったと思いますが、展開としては開幕戦でのブワニカのゴールに近いものを感じました。
 開幕戦でのゴールも、右サイドの前方でブワニカがボールを拾ってクロスを上げますが、中央では合わず。
 こぼれたところを左サイドの安田が拾ってクロスを上げ、ブワニカが頭で決めた流れでした。

 開幕戦でも愛媛戦でも、こぼれ球からクロスを上げて、ゴールを決めたことになります。
 ブワニカのゴールも、クロスを上げた安田への相手の対応が間に合わず、完全にフリーでボールを蹴ることができた。
 さらにゴール前でもブワニカへの対応も中途半端になって、ヘディングで決めることができた展開だと思います。


 鈴木大輔のゴールも、一度FKのボールを跳ね返した後だったため、愛媛守備陣の動きが止まったところがあったと思います。
 サイドで切り返す展開に愛媛が弱いことは、開幕戦東京V戦での小池のゴールでも分かっていたことだと思いますが、それでも小島は比較的楽にクロスを上げられた展開だったと思います。
 さらにクロスも動き出しも良かったとは思いますが、鈴木大輔もゴール前でフリーになっていました。

 確かに、こぼれ球を拾ってからの二次攻撃の有効性だとは思います。
 自分たちから変化を作らなくても相手が崩れてくれることも多く、ラッキーなゴールが生まれやすい。
 ただ、毎試合それを狙ってできるのかというと疑問も残ります。
 

 愛媛戦のハイライトを見返すと、大外の安田からクロスを上げる展開が多いことがわかります。


【ジェフ公式】【ハイライト】 2021明治安田生命J2リーグ第2節 愛媛FC戦

 しかも、安田をフリーするような展開がチームとして作れているのではなく、安田が個人で仕掛けてクロスまで持ち込んでいます。
 安田は昨年もシーズン前半は好調で、攻守に大きく貢献していました。
 ただ、33歳という年齢もあってかシーズン後半はミスが増えていきましたし、安田にばかり負担を与えるのは良くないでしょう。


 また、愛媛戦では後半からは相手が近藤を右SHに回して安田を警戒してきたことによって、攻撃がほとんど作れなくなってしまった。
 1人に攻撃を依存してしまえば、当然そこへのマークは厳しくなるわけで、その時にどう対処するのかという問題も出てきます。
 開幕戦で戦った甲府も試合途中から守備的な関口を左から右に移して、ジェフの左からの攻撃に対応していった印象でした。

 個々の部分でいえば田口が復帰すれば、攻撃の起点がまた増えることになるとは思います。
 しかし、個人に依存する傾向が続けば、根本的な解決には至らないかもしれない。
 昨年からの追加点を取れないという課題は続いたままといった印象ですし、チーム全体で攻撃を作れるようになることが求められるのではないでしょうか。

追加点を奪いきれず、愛媛戦は1-1の引き分けに

 ジェフは硬さが取れたのか、コンディションが上がったのか、開幕戦よりも動きは良くなったのではないでしょうか。
 ただ、愛媛の試合内容からすれば、こういった試合をしっかり勝つことが重要だったのではないかと思います。

 試合前にも予想できたように、愛媛がプレスからのボール奪取を狙い、ジェフはロングボールなどでそこを回避する展開でスタート。
 愛媛はそこで跳ね返せる選手が少ないので、どうしても押し込まれてしまう。
 さらに1対1でも簡単にかわされる個々の能力の問題や、サイドチェンジへの対応にも課題が感じました。


 しかし、ジェフも前節同様、押し込んだ後の攻撃に課題を感じる展開でした。
 結局、攻撃を作れたのは、サイドで仕掛けてかわしてクロスとセットプレーのみ。
 追加点を奪いきれずに、試合が進んでいきました。

 すると、後半途中からは愛媛ペースに。
 愛媛は戦力不足は否めなかったと思いますが、その分90分間ペースを掴み続けられなくても、後半途中から勝負を仕掛けて局所で勝つ。
 最後に点は奪いきれなかったですが、ゲームプランは明確だったと思います。

■ジェフが押し込むも1-1で折り返し

 ジェフは福満、岡野がメンバー外で、船山が控えスタートになり、ブワニカ、見木、チャンがスタメンで、左SHに見木、右SHに岩崎。
 福満は前節負傷交代していますが、サカダイによると船山も怪我があったそうで、その影響もあったのでしょうか。
 ベンチにはソロモン、新井一耀が入りました。

 愛媛は元ジェフ吉田と森谷がスタメンで、山瀬がメンバー外、藤本がベンチに。
 そのまま森谷が、ボランチに入りました。
 秋元の加入もあり、岡本は前節に続いて控えに。


 序盤は一進一退といった展開。
 しかし、9分、ジェフがセットプレーの流れから先制。
 中盤でのFK、こぼれ球を拾って小島が左サイドからアーリークロスを上げると、鈴木大輔で飛び込み頭で合わせてゴール。

 その直後には愛媛の攻撃。
 後方からの浮き球のパスを吉田が落として、小暮がダイレクトで狙いますが、枠の外。
 12分にはジェフが左サイドで安田、岩崎とつないで、見木が切り返し右足でシュートを狙いますが、枠の外。


 17分には、ジェフのチャンス。
 左サイド奥から、安田が切り返してクロス。
 大槻が頭で狙いますが、バーの上。

 前半の愛媛は開幕戦ほど追いかけてこなかった印象ですが、基本的には相手にも持たせてプレスで戦うスタイル。
 それに対してジェフはロングボールとサイド攻撃で、プレスを回避して押し込んでいきます。
 愛媛は攻撃もうまく作れず、ジェフペースで試合は進んでいきます。
 

 24分にもジェフの攻撃。
 左サイドで安田が茂木をかわしてクロス。
 見木がヘディングシュートを放ちますが、GK秋元の正面。

 しかし、30分頃から愛媛が攻め込む時間が続き、35分には同点弾。
 後方からの浮き球のパスを小暮が落とすと、近藤と川村が囲って拾います。
 川村が素早くシュートを選択し、ゴールを決め1‐1に。


 39分、ジェフの攻撃。
 CKの流れから、ショートコーナーで受け直した見木がクロス。
 米倉が合わせますが、ポストの右を逸れます。

 42分には愛媛のチャンス。
 近藤の縦パスは合わなかったものの、川村が高い位置で奪って吉田がミドルシュート
 しかし、ポストの左を逸れ、同点で折り返します。

■徐々に愛媛の流れとなり引き分け

 愛媛は小暮を下げて横谷を投入し、FW近藤が右SHに回り横谷が前線に。
 50分にはジェフのチャンス。
 逆サイドからこぼれたボールを安田が拾ってクロスを上げるも、飛び込んだ大槻には合わず。

 58分、愛媛は大谷が負傷交代し、西岡大志が投入されそのままCBに。
 その直後には愛媛の攻撃。
 中盤の森谷がゴール前へパスを上げると、ファーの川村がフリーで受けますが、シュートまで持ち込めず。


 後半も序盤はジェフペースでしたが、徐々に攻め込めなくなっていきます。
 65分頃からは、球際の激しさの増した愛媛の流れに。
 67分、ジェフは岩崎を下げて末吉を投入。

 70分、愛媛のチャンス。
 茂木が見木をかわして、右サイドでクロス。
 吉田がフリーで合わせますが、ジャストミートせず。


 74分、ジェフは大槻、熊谷を下げて船山、高橋を投入。 
 その直後、愛媛は田中を下げて前田を投入。
 78分には見木が左サイドを1人で持ち上がってシュートまで持ち込みますが、枠はとらえきれず。

 81分、愛媛は前野、吉田を下げて、内田、藤本を投入。
 86分には愛媛の攻撃。
 左サイドからのFKを内田が蹴ると、ニアで茂木が合わせますが枠の外。

 89分、ジェフは米倉、見木を下げて小田、ソロモンを投入し、船山が左SHに。
 93分には愛媛の茂木のロングスローから、森谷がロングシュートを放ちますが、大きく枠を外れます。
 その直後には、高橋が同じくロングシュートを狙いますが、これも大きく外れて1-1で試合終了となりました。

■サイド攻撃とセットプレー以外の確立を

 序盤はジェフペースで、愛媛を攻め込んでいきました。
 愛媛は前からプレスをかけてくるものの、サイドにボールを振ると守備が遅れる傾向にあった。
 中盤でも逆サイドが空くことが多く、ジェフはサイド攻撃とロングボールで、プレスを回避し相手を押し込んでいきました。

 さらに愛媛はボールを持っても後方の人数を変えず、2枚でビルドアップを実施していた。
 パス回しのスピードも遅く、攻撃でも工夫を感じない展開でした。
 ドリブルでの1対1や高さでの対応など、個々の能力にも課題を感じ、前半の愛媛はかなり厳しい状況だったと思います。


 ただ、ジェフもその前半に、2点目を奪いきれなかった。
 攻撃は安田が相手のかわしての大外でのクロスとセットプレーのみで、工夫を感じなかったですね。
 ちなみに、愛媛は開幕戦でも元ジェフ小池に左サイドから切り返してのシュートを浴びており、右サイドの守備に大きな問題があったのではないかと思います。

 ジェフはカウンターや空いた逆サイドを何度か突きかけていましたが、そこにボールを入っても攻撃が加速できなかった。
 これが大きな課題ではないでしょうか。
 攻撃が作れそうな瞬間に人数をかける、一気に選手が走り込む、そういった意思統一が作れていない印象を感じますね。


 そうこうしているうちに、前半を1失点で凌いだ愛媛は後半から修正。
 近藤をFWから右SHに移して安田をマークさせることによって右サイドの守備を改善し、逆に同サイドからチャンスを作っていきました。
 実際、前半はあれほど安田のところでチャンスを作れたにも関わらず、後半はほとんど安田からクロスを上げられなくなってしまい、ジェフは攻撃の唯一の起点を失ってしまったことになります。

 さらに愛媛は全体の運動量、球際での強さも増して、後半は愛媛ペースに。
 逆にジェフは疲れからか、全体の動きが落ちていってしまった印象でした。
 負けはしませんでしたが、展開としてはかなり嫌な流れだったと思います。


 やはり守備だけでなく、攻撃面も向上していかないと厳しいですね。
 サイド攻撃とセットプレーからでは、どうしても安定した攻撃が作れない。
 攻撃が安定していかないと、結果的に守備へも負担がかかると思います。

 いくらジェフが優位に戦い、相手に課題があったとしても90分間押し込み続けるのは難しいですから、取れる時に点を取れる術を身に着けていかないと。
 そのためにもサイド攻撃以外の形を、確立していかなければいけないと思います。 
 このような試合を勝ち切る強さを身に着けられないと、昨年からの進歩というのは期待できないのではないでしょうか。