POライバルに2連敗のジェフ 5戦勝利なしの水戸に気持ちを見せられるか

 山形戦、熊本戦と、プレーオフ進出のライバルとの試合を落としてしまったジェフ。
 今週末はアウェイで水戸と対戦します。

 水戸はジェフOB秋葉監督が3年目の指揮を執っており、今年も継続して好守にアグレッシブなスタイルを実施。
 若い選手が多いことも特徴で、この夏にも横浜FCから安永、柏から鵜木と、共に21歳の日本人選手を補強。
 さらに、横浜FCのGKスベンド・ブローダーセンの弟にあたる、19歳のCBレオナルド・ブローダーセンを獲得しています。


 攻撃時は後方からしっかりとミドルパスを出し、中盤に当ててワンタッチでかわして前へといった形を狙ってくる。
 カウンターも武器で、前へ選手がかかった時の勢いを感じるチームです。
 また、今年はパススピードの速さも意識しているのかなと感じ、選手にもボールにもスピードを求めているのように見えます。

 守備においても4‐4‐2をベースとして、積極的なハイプレスを展開。
 そこからのハーフカウンターも、大きな武器の1つとなっています。
 ハードワークも水戸の特徴ですね。


 ただ、毎年好不調の波が激しい印象で、現在も5試合勝ち星から遠ざかっています。
 若い選手が多いことやアグレッシブな姿勢が不安定な問題を生んでいるのかもしれませんし、プレスを掻い潜られた後に課題があるようにも思います。
 さらに、秋葉監督になってから頻繁にスタメンを入れ替えているため、チームの軸という点で弱い部分があるのかなといった印象も。

 前節徳島戦でも4連敗中だったこともあって、10人のスタメンを入れ替えています。
 しかし、メンバーが入れ替わっても勝ち星から遠ざかっていても、積極的な姿勢は変わらず。
 徳島戦は1‐1の引き分けに終わり、試合終盤にも惜しいシーンを作るなど、最後まで気持ちを見せて戦っていた印象です。


 他するジェフは前節熊本戦後、モチベーションの部分に問題があったのではないかと尹監督が話しています。

yukkuriikou.hatenablog.com

 山形戦、熊本戦とプレーオフ進出のライバルに敗れて気持ちが切れたというのであれば、まだ百歩譲って許せるのかなとも思わなくもありません。
 しかし、ライバル同士の戦いにおいて、モチベーションに問題があったというのであれば、さすがにちょっと残念ですね。
 いくら契約などの問題があったとしてもそこはプロですから何とか頑張ってほしいところですし、モチベーションコントロールも指導者としての大事な仕事なのではないでしょうか。


 戦術的な部分でいれば、山形戦、熊本戦とパスサッカーを展開するチーム相手に、2試合連続でバイタルエリアを取られたところから失点しています。



 水戸もまた少しタイプは異なりますが、攻撃的なチームが相手ということになる。
 その水戸を相手に、今回こそはしっかりと守備で隙を作らず戦えるかが注目となるでしょうか。
 その上で、いかに攻撃に移れるかという点が、勝利においては重要ですね。


 前節の敗戦でプレーオフ進出は、さらに厳しくなったと思います。
 しかし、現在10位のジェフは14勝10分14敗の勝点52で、現在13位の水戸は12勝11分15敗の勝点47。
 中位のライバルということになり勝点も近いですから、最終順位においても大事な試合となると思います。

 2連敗でモチベーションにおいては厳しくなっているのかもしれませんが、厳しい時こそプロとしての真価が問わるもの。
 最後まで意地を見せて欲しいところですね。

日本代表 0-0 エクアドル代表 積極的にテストを実施しW杯本番へ

 W杯前最後の活動として、欧州キャンプを実施した日本代表。
 アメリカ代表戦からガラっとメンバーを入れ替えたエクアドル代表戦は、0‐0のスコアレスドローで終わりました。

 エクアドル戦でも立ち上がりはハイプレスに行った日本ですが、相手は個々のフィジカルやキープ力が高く、ロングボーも織り交ぜてきました。
 それによってプレスがハマらない展開となり、攻め込まれる場面が目立つ試合になっていきます。
 ただ、アメリカ戦ではボランチの遠藤と森田がボールの奪いどころとなっていましたし、柴崎と田中のコンビにした時点で、ある程度パワーで押し込まれるのは織り込み済みだったのではないでしょうか。

 試合序盤以降は日本代表も落ち着いてパスを回す時間を増やし、粘り強く対応していった印象です。
 このあたりは控え組が中心だったとはいえ、さすが欧州で経験豊富な選手が多いチームですね。
 W杯本番でも十分あり得る状況でしたし、良いテスト機会になったのではないでしょうか。


 後半からは日本も、攻守に前に出られるようになってきました。
 エクアドルは徐々に運動量が落ちていった印象でしたし、本番さながらの熱い展開になっていったと思います。
 また、日本は後半から1トップに上田を起用したことが、大きな変化を生んだと思います。

 前線で上田が強さを発揮して1トップが起点になったことによって、攻撃のポイントが作れるようになっていきました。
 もともと森保監督のサッカーは、前線に楔のパスを送って攻撃を作る展開がベースと言えると思います。
 それだけに、前で起点になれる上田の存在は大きかったのでしょう。


 逆に古橋のようなタイプは、途中出場などであればいいのかもしれませんが、スタメン起用では難しいのかもしれません。
 古橋を活かしきれなかったという意見もあるかもしれませんが、1つのチームで全選手を活かすなどというのは現実的ではない。
 どこかで取捨選択はしなければいけないはずです。

 また、後半からは左SHに入った相馬も、凄く効いていましたね。
 やはり相手が強ければ強いほど、攻守に献身的に動ける選手が大事になってくる。
 オシム監督も重視するタイプではないでしょうか。


 結果は少し残念でしたが、収穫は多い試合だったのではないでしょうか。
 スタメンで多くの選手を試せたことになるし、上田や相馬の活躍で必要な選手も見つかったことになる。
 また、試合終盤の3バックや2トップも試すことが出来ました。

 なんだかこの試合をテストの機会に費やしたことを否定する声もあるようですが、前回も話した通り今回のW杯は日程が変則的でテストできるチャンスも少ない。
 さらに26人枠で5人も交代できるということで、より途中出場の選手やパターンが試合のカギを握る可能性が高い。
 カタールの気候なども総合して考えると、今回テストを行った意義というのは非常に高いものだと思います。

yukkuriikou.hatenablog.com

 一方で柴崎や田中などを起用した割には、中盤でパスをうまく繋げなかった課題なども感じられたかなといった印象です。
 ピッチの状態もかなり悪そうでしたが、そこは本番でもあり得るのかもしれませんし、悩ましいところなのかもしれません。
 とはいえ、やることは見えてきたと思いますし、選手の選定も進んだ印象でしたから、やるべきことはしっかりとやった欧州遠征だったのではないでしょうあ。