残り10試合で17位のジェフ 終盤に求められるものは

 天候が安定せず、気温差が激しい時期となってきましたね。
 これを経て秋に進んでいくのでしょうが、連休中はまた雨の予報もありますし、台風の影響で被災された方々が心配です。
 ジェフも今週末の試合は15時キックオフということで、季節の変化を感じます。

 先週末のジェフは、水戸を相手に7試合ぶりの勝利を上げました。
 それでも8勝10分14敗と大きく負け越しており、順位も1つしか上がらず現在17位となっています。
 昨年の最終順位が過去最低の14位だったことを考えれば、残念な成績であることに変わりないでしょう。


 今年のJ3降格枠は2枠で、現在のところ最下位の岐阜は勝点24、21位の栃木は勝点25となっています。
 ジェフは勝点34ですので、数字上はまだ順位がひっくり返る可能性も残っていることになります。
 ただ、個人的にはこれまでにも何度か話しているように、残留に関しては楽観視しているところもあります。

 順位は最終的にクラブの総合力で決まるものだと思いますし、J1でも残留争いをした経験から、下位の勝点差はたった1でも非常に大きな数字であるという印象があります。
 上位争いの勝点1はあってないようなものですが、下位チームは勝点1を拾うのも簡単ではありません。
 それだけに、降格争いは勝点差で感じる感覚以上に、順位を逆転することは難しいものだと思います。


 実際にJ2が現在のチーム数になった2012年から、残り10試合での順位の変動をまとめてみました。

f:id:aratasuzuki:20190917204711p:plain

 表示の問題もあるので、下位2チームに直接関わったチームしか記載していませんが、毎年J2の下位争いは数字上接戦となっています。
 しかし、実際に残り10試合で大きく入れ替わったケースは、22チーム制の初年度となった2012年くらいで、その後はほとんど順位に変動はありません。
 そのため、現在17位のジェフは、ほぼ安泰と言っていいでしょう。

 もちろん今年が異例となる可能性もあり、残り全試合で全敗するようなことがあれば降格となる恐れもあるでしょう。
 しかし、チームとしては降格をちらつかせて選手に発破をかける、あるいはマスコミが騒ぎ立ててネタにすることなどはあるかもしれませんが、冷静に考えるとそこまで焦る必要はないと思います。
 むしろ選手たちは勝ち星から遠ざかってプレッシャーを感じているという話も出ていましたし、残留に関しては安心して試合の臨んだ方がいいのかもしれません。


 試合内容も水戸戦を振り返ると、攻撃面は調子が上がっているのかもしれません。
 左サイドでSHとSBだけでなくボランチやトップ下も絡んで、最後は縦に抜けてクロスという主な狙いは以前から変わっていないと思います。
 ただ、気温が下がってきたことによって、個々のコンディションが上がり1対1での質が高まったこともあって、状態が良くなっているのかなといった印象です。

 最終的には為田の仕掛けで終わることが多いだけに、特に為田の調子が上がってきたことは大きいのだろうと思います。
 逆に言えば為田に依存している攻撃からは変われていないため、為田の好不調で攻撃の出来が変わってしまうとも言えるのでしょう。
 それだけチームとして組織的な攻撃が出来ていない状況からは、抜け出せていないということになるのではないでしょうか。


 パスサッカーはボールを動かす分夏場に強いという見方もされますが、今のジェフはそれとは逆のサッカーをしているともいえるだけに、気温が下がってくると調子が上がる可能性もあるのかもしれません。
 これは2017年終盤の7連勝にも、近いところが言えるのではないでしょうか。
 あの時も為田が好調だった印象でしたし、調子に波のある印象もある為田はこの時期に強いところがあるのでしょうか。

 一方で守備においては相変わらず課題も多く、組織としての守り方が明確にされていない印象です。
 水戸戦終盤に変則的な5バックにして後方を固めたのも、通常のやり方だとスペースを埋めきれないからでしょう。
 2017年終盤もハイプレス・ハイラインを諦め引いて守ってカウンターにシフトして好転していった印象でしたが、あの時と同じように今回も守備に関しては何とか後方を固めて穴を埋めるしかない状況ということなのかもしれません。


 しかし、2017年も7連勝に浮かれて翌年は開幕時から失敗したように、しっかりと内容を吟味していかなければいけないはずです。
 攻撃においては力押しな左サイドの攻撃だけでなく、他のエリアでも攻撃を作れるのか。
 あるいは縦への勢いだけでなく、しっかりと崩せるパターンなどを構築できるのか。

 守備においても、プレスの改善やバイタルエリアの埋め方やサイドの守り方は。
 水戸戦で勝利したとはいえ、多くの課題が残っていることに変わりないと思います。
 あの年と同じ轍を踏まないように結果や勢いだけでなく、チームとして正しい方向に進んでいるのかを見ていかなければいけないのではないでしょうか。


 今週末、ジェフがホーム・フクアリで対戦する相手は徳島。
 徳島は現在14勝8分10敗の勝点50で9位ですが、6位大宮が勝点54ですので、まだPO進出の可能性は残されています。
 また、前節長崎戦は1-1の引き分けでしたが、そこまでは4連勝と好成績を収めています。

 スタイルは変わらず、後方から細かくつないで前を向く形を作って、そこから展開する攻撃が特徴的です。
 ワイドに選手を張らせて相手を左右に開かせておいて、中盤の間を狙ったり、裏へ飛び出したり、ワイドに展開して仕掛けたりといったパスワークを展開してきます。
 多彩な攻撃ができるチームですね。

 一方で守備においては、一部メンバーも入れ替わって、以前よりもアグレッシブにプレスをかけてくる印象もあります。
 それがうまく機能して、ここ5試合負けなしとなっているのでしょうか。
 長崎に引き分け連勝が止まったところで、その勢いが収まるのか、それともまだ持続できるのかに関しても、シーズン終盤に向けて重要なポイントとなるのでしょう。


 徳島は後方からパスを繋いでくるチームなだけに、ジェフとしてはプレスの設定など含めて、どのように守るのかを考えて臨まなければいけないように思います。
 前回対戦時は1-1の引き分けに終わっていますが、その時は開始早々に見木が得たPKで先制したため、その後は無理にプレスをかけず守備的に戦うことが出来ました。
 しかし、早い時間にリードしなければ割り切った守備は出来なかったと思いますし、相手が簡単にビルドアップを作れる状況を作らせて良いのかという問題も出てくるかもしれません。

 また、現在の徳島は3バックですので、ミスマッチをどう埋めるのかに関しても見どころとなるのではないでしょうか。
 前節長崎戦でも2シャドーの関係でうまくバイタルエリアを取って、野村からのパスを受けた渡井がゴールをあげ、前々節岡山戦でもパスワークから野村がゴールを決めていますので、シャドーをどう捉えるのか。
 また、ワイドに開いた両WBにも仕掛けが得意な選手を置いているだけに、そこも警戒しなければいけないと思います。


 一方で徳島も守備的なチームではないだけに、引いて守る展開やカウンター対策に関しては弱さがあるのかもしれません。
 ジェフとしてはうまく3バックの横を突いて、攻撃を展開したいという展開になるでしょうか。
 殴り合いの展開になる可能性もあるのかなとも思います。

 また、リカルド・ロドリゲス監督が就任してからの徳島は魅力的な攻撃を作るものの、詰めの甘さや勝負弱さを感じるところもあります。
 PO進出を目指す上で落とせない試合が続く状況だと思いますが、その中でしっかりと結果を残し続けることが出来るのか。
 そこが現在の徳島において、越えなければいけない壁と言えるのかもしれませんね。


 ジェフとしては昇格も難しい状況ですし、残留争いに関しても安心していい展開だと思います。
 だからこそ、目先の結果などではなく、中身を大事にしてほしい状況となっていくのではないでしょうか。
 来季に向けて何を残せるのか、選手や監督が将来に向けて何を示せるのか。

 現状のままでいけば、来季はまた体制も含めて大きく変えていかなければいけないのではないかとも思います。
 その中でも残すべきものは誰なのか、あるいは何を次に繋いでいくべきなのか。
 ここまで低迷した原因を考えると、その判断力に問題があるクラブだとも思いますし、しっかりと分析していかなければけないのではないでしょうか。


 さて、ここからは蛇足になります。

続きを読む

ゲリアを投入し4.5バックで守ったジェフ

 2-1のジェフリードで迎えた水戸戦の85分。
 ジェフは右SHの茶島を下げて、ゲリアを投入しました。
 どこでプレーするのか当初はわかりませんでしたが、そのまま右サイドの外でプレーしたことになります。

 60分に勝ち越してからのジェフは、長い時間水戸に攻め込まれる状況が続きました。
 そのため、ゲリアを投入してからは5バックで戦ったという見方もできるでしょうが、厳密に言うと相手がボールを持った時には5バックになり、為田と工藤または船山がシャドーの位置で守る5-2-3のようなシステム。
 しかし、ゴールキック時などにはゲリアが前に上がり、左SBの下平は前に出ない4-4-2でした。


 そのため、変則的な5バックであり、4.5バックにも近いような戦い方をしていたと言えると思います。
 4.5バックは関塚監督が解任直前にも実施していますが、あの時は他に手の打ちようがないようなチーム状況だったことも大きかったと思います。
 当時のエントリーはこちらで、その時の図は以下の通り。

f:id:aratasuzuki:20160727200336p:plain

 この時の戦い方と、基本的には近いものがあるでしょう。
 ただ、運用方法は違って、あくまでも水戸戦では逃げ切り策だったはずで、長時間これをやることはないのかもしれません。
 しかし、根本的なところで言えば4-4-2で確固たる守備が確立されていないからこそ、この変則的な布陣になったのではないでしょうか。


 水戸戦では相手SB志知が良いボールを蹴るということもあって、ゲリアを投入して対応させたというところもあるのかもしれません。
 しかし、以前にも話しましたが、G大阪から帰ってきた米倉は守備時にCBの横に張り付く傾向を感じます。
 そこから高い位置までチェックに飛び出すことはありますが、サイドでバランスを取るポジショニングをするという動きが出来ていない印象です。

 その分、サイドの外にはスペースが出来てしまうため、ゲリアを米倉の外に置くことでサイドを埋めようとしたのかもしれません。
 また、言い方を変えれば、米倉はCBの横に張り付くということで、CBに近いポジション取りをしていたともいえるでしょう。
 そう考えると米倉が5バックで右CBに近い守り方をしても大きくは変わらないため、変則的な5バックが実施できたとも捉えられるのかもしれません。

 実際には変則的な5バックになってゲリアが同じ高さで近くにいたこともあって、米倉はいつも以上に積極的に外や前へアプローチに行っていた印象もあります。
 飛び出してもゲリアがその裏をカバーしてくれるので、米倉もアプローチに行きやすかったのかもしれません。
 こういった動きを見ると厳密にはCBではなく変則的なSBと言えるのではないかと思いますし、フィジカルがあってCBもこなせそうなゲリアがカバーしていたからこそ成り立っていたのではないでしょうか。


 5-2-3にも近い守り方ということで、4-4-2に比べると後方に人数を集める分、中盤が空いてしまうことになります。
 しかし、ジェフは4-4-2でもバランスの良い守備組織が作れず、水戸戦では前半から中央でグラウンダーのパスをどんどん縦に通されていました。
 それだけに、中盤から前が薄くなるデメリットは少なかったのでしょう。

 実際、90分には中盤でフリーになったボランチの前が、ミドルシュートを放っています。
 失点シーンでもフリーの前にミドルシュートを決められていただけに、警戒しなければいけない状況だったはずです。
 失点時は中盤の戻りが遅くやられており、90分は相手の攻撃に全体が押し込まれたため前がフリーになった展開で厳密には状況が異なるとはいえ、どちらの守備も決して万全な状況とは言い難かったと思います。


 変則的な5バックにでもしなければ、サイドも埋められず対応しきれなかったと判断したのでしょうか。
 確かに南アフリカW杯を戦った岡田監督も、日本人選手は4人で横幅を埋めきれない。
 だから、阿部を中盤のセンターに置いたということで、あのシステムは一般的に4-1-4-1と言われていましたが、岡田監督自身は中盤を横並びにした4-5-1だったと話しています。

 ジェフ戦での水戸も見方次第では、サイドをうまく埋めきれなかったと言えるのかもしれません。
 本来の水戸の守備は4-4-2のボックスで相手の攻撃を限定して、サイドに追い込んで潰す形だと思います。
 しかし、ジェフは個人技で素早くサイドを突破するため、ジェフを遅らせる前にサイドで1対1で勝負を仕掛けられ苦戦したということになるのかもしれません。


 サイドを埋めきれないのであれば、5バックを検討するということも考えられるでしょう。
 しかし、5バックだと今度は前へのプレスがかけにくくなるし、4バックとのミスマッチも生まれやすい。
 だから、ジェフも4バックに変更したのでしょうし、どのシステムも一長一短があるはずですから、うまくデメリットを隠してメリットを打ち出す戦い方を見つけ出さなければいけないはずです。

 ジェフも堀米や工藤など右SHには守備に不安がある選手が多いし、米倉も中央に絞り気味になる傾向がある上、局面での守備が拙い印象があります。
 そのため右サイドの守備に不安がある上、前からのプレスやバイタルエリアの埋め方にも課題が残る。
 だからこそ、水戸戦では最終的に5バックにしてゴール前に人数を増やしたのでしょうが、それでも危ないシーンは何度かあったと思います。

 攻撃は勢いでいけるところもあるかもしれませんが、守備に関してはそうはいかないところもあるのではないでしょうか。
 残り試合で、少しでも守備が改善するかどうか。
 攻撃の改善ももちろんですが、守備に関しても引くだけでなくバランスよく守れるように成長していってほしいところですね。