当ブログはプロモーションを含みます

今年からJ2・J3も参加となったルヴァンカップ ジェフは明日鹿児島と対戦

 まず、今週のブログの更新ですが、少々立て込んでおり自分でも予定が読めない状況です。
 水曜日にジェフの試合があるのですが、キックオフには間に合わないと思います。
 さらにF1も2連戦中で、木曜日に私用も入っていますのでどうなるかわかりませんが、ゆっくりと自分のペースでやっていきたいと思います。

 その水曜日の試合というのが、ルヴァンカップになります。
 ルヴァンカップは今年から、J1だけでなくJ2、J3のチームも参戦することになりました。
 もともとJリーグカップという立ち位置であるにもかかわらず、J1だけが出場するレギュレーションには疑問の声も上がっていましたし、ACL参戦チームの扱いにも苦慮していた印象がありましたので、J1チームが増加したこのタイミングで変更になったということでしょうか。


 新たなレギュレーションでは、まず1stラウンドで一発勝負のトーナメントを行う。
 ACL組を除いた57チームを10チームに分けて、勝ち抜いた1チームが次のステージへ。
 下位カテゴリーのチームがホームとなる形式となっていますが、これは以前元ジェフの祖母井GMが下位チームを盛り上げるために欧州で行われている良いルールだと話していたことがあります。

 次のプレーオフラウンドでホーム&アウェイの試合を行い、そこでの勝者5チームとACL組の3チームが決勝トーナメントを行うとのこと。
 詳しくは公式サイトをご確認ください。

www.jleague.jp

 また、今大会ではスカパーだけでなく、dTVから名称が変わったLeminoでも中継を行うそうです。
 ただし、一部の試合を除き、試合終了後の配信が基本とのこと。
 私もスカパーを解約してしまったし、リアルタイムでは見れなそうなので、Leminoで見てみようかなと思います。

 Leminoはスマホなどの他に、Fire TV StickやChromecastなどでも視聴できるとのことなので、購入すればテレビでも視聴できます。


 さて、ジェフは明日、ルヴァンカップ初戦を迎えます。
 リーグ開幕早々のカップ戦スタートにちょっと面を食らってしまいますが、そういえばナビスコカップもこの時期に開幕でした。
 ジェフはJ2昇格を果たした鹿児島と対戦します。

 鹿児島は攻撃的なパスサッカーを展開し、昨年は愛媛に続きJ3リーグ2位に。
 今季も開幕戦は群馬と1-1で引き分けていますが、第2節徳島戦では後半ATに劇的な逆転ゴールを上げて2-1の勝利を遂げています。
 開幕前にYoutubeでもお話ししましたが、4-2-3-1のシステムでワイドにポジショニングしたパスワークを実施しているイメージがあります。

www.youtube.com

 前節ジェフが対戦した藤枝などは選手が積極的に動いて、比較的近い距離でパスを回していきます。
 しかし、ジェフのようにプレスをかけていくチーム相手には、それがプレスの的になりかねない。
 ある程度距離を取ってパスを回した方が相手の守備は分散することになるし、鹿児島はそういった発想もあるのかもしれません。

 じっくりとパスを繋いで、ワイドに開きハーフスペースなどを確実に狙っていく。
 また、前節徳島戦では前線にロングボールを蹴って、そこからパスを繋ぐ展開も多い状況でした。
 柔軟に戦ってくるという点で、藤枝とはまた違うスタイルの相手と言えるでしょう。


 前線でキープ出来て起点になれる選手という点で、岐阜から加入したンドカ・チャールズの存在は大きいと思います。
 さらに、トップ下の田中渉、ボランチの藤村、CBの井林と各ポジションに的確な補強をして、全体のレベルをアップさせたオフを過ごしています。
 ただ、連戦にもなりますし、ルヴァンカップということで、メンバーを変えてくるかもしれません。

 ジェフ視点でいうと注目は、ジェフでもプレーした大野と西堂が加入したこと。
 大野は開幕からの2試合で控えGKに入っていますし、カップ戦での出番もあるかもしれません。
 西堂はベンチ入りも果たせていないですが、出番があれば活躍できるポテンシャルもある選手だと思います。


 一方のジェフもアウェイですし、一部メンバーを変えてくる可能性もあるのかもしれません。
 前節藤枝戦でスタメン出場した、エドゥアルド、椿、久保庭も見事なプレーを見せていましたが、風間、ドゥドゥ、メンデスなどにもそれぞれの良さがある。
 さらに小林、呉屋など、途中出場の選手たちも良い動きを見せていたと思います。

 また、新加入の選手でもまだ、出番のない選手がいます。
 状態が良いのであれば林、岡庭なども、見てみたい気持ちがありますね。
 というのも、今後のジェフはなかなか厳しい日程になっていきます。

 ルヴァン鹿児島戦を含めて、ここからアウェイ3連戦。
 その後、連戦で水曜日に優勝候補の一角清水とフクアリで対戦し、そこからまたアウェイ2連戦ということになります。
 その分、ジェフは開幕ホーム2連戦だったわけですが、そこで勝点3しか拾えなかったとも言えるでしょう。

 日程が厳しい状況ですから、選手層の底上げも大事だと思いますし、ルヴァンカップをうまく使えるといいですね。
 しかし、一方で鹿児島とは3月16日に、早くも再戦がある。
 その時に向けて良いイメージを持つためにも、しっかりと結果も欲しい試合とも言えるのではないでしょうか。

第2節 ジェフ 4-0 藤枝 横山暁之の古巣へのゴールもありプレスから圧倒

 試合展開としては藤枝がパスを繋ぎ、ジェフがプレスをかけていく構図。
 しかし、序盤からジェフがプレスで圧倒していったことで、藤枝はいつになくパスミスも増えて、攻守に委縮してしまったところがあったように見えました。

 ジェフの方はしっかりと藤枝を分析して、田中が前に行くプレスをかけて、バイタルエリアもかなり警戒していた印象です。
 変更のあったスタメンも効いていて、藤枝にスペースがあったことも大きかったとは思いますが、エドゥアルドの展開力、椿の左サイドでの突破が見事に効いていました。
 藤枝のスピード対策だったと思われる久保庭も、冷静にプレーしていましたね。


 ジェフが2点リードした流れから、後半に入って藤枝が長身FW中島を入れて頭を狙うビルドアップも使って、プレスを回避してきました。
 しかし、ここから流れが変わっていくのかなと思われた、後半序盤に3点目が取れたことも大きかったですね。
 昨年からトドメを刺すゴールを奪う点での課題もありましたし、あの1点が試合を決めた印象もありました。

 相手のミスがらみからのゴールも多かったですが、プレスから押せ押せの展開を作れれば良い試合が出来ると。
 問題はその展開が作れない時ではあるとは思いますが、まずはそこを再確認できたという点で、出来過ぎた試合だったと思います。

■プレスから圧倒していき2点リードで折り返し

 開幕戦を落としたジェフは、メンデス、ドゥドゥ、風間が控えに。
 代わりに久保庭、エドゥアルド、椿がスタメンに入りました。

 藤枝は開幕戦からスタメンを継続。
 横山、岩渕が抜けたシャドーには、大卒新人の朝倉と中川風希が。
 ボランチには。、東京Vから加入した梶川が入っています。


 キックオフ直後、ジェフのチャンス。
 エドゥアルドの縦パスを横山が繋いだところから、椿が仕掛けてCK。
 これを田口がグラウンダーで送ると、椿がフリーで狙いますが、相手DFにあたってゴールならず。

 6分にもジェフのチャンス。
 左サイドからのCK。
 田口が蹴ると鈴木大輔がニアで競り勝って合わせますが、ゴールの右。


 13分には藤枝の攻撃。
 左サイドで、朝倉がエドゥアルドをかわして中央へ。
 中川風希がパスを受けてシュートに行きますが、GK藤田が対応。

 立ち上がりから、ジェフがプレスでペースを握っていきます。
 そこから、主に3バックの外を取る展開でチャンスメイク。
 藤枝はジェフの圧力に苦しみ、パスミスも目立つ展開に。


 その直後、ジェフが先制。
 前線の小森、横山でプレスにいき、相手の横パスを田中がボール奪取。
 GK内山と1対1になって、シュートを決め1-0。

 18分にもジェフの攻撃。
 エドゥアルドの展開から、椿が受けて小森がキープし、日高がクロス。
 小森がワンタッチでループ気味のシュートを放ちますが、GK内山がセーブ。


 26分、ジェフの攻撃。
 小森のプレスでボールを奪ったところから、左サイドでパスを繋ぎ、中央の椿、横山と繋いでいきます。
 最後は小森が反転してシュートを放ちますが、GK内山がセーブ。

 29分にもジェフの攻撃。
 相手を予測した田口のボール奪取から、横山が縦へ繋ぎます。
 小森がシュートを放ちますが、GK内山の正面。


 30分、ジェフが追加点。
 田中、小森とプレスにいって、相手のミスを誘いボールを奪取。
 小森が横山にラストパスを送ると、右に切り替えしてシュートを放ち2-0。

 33分にもジェフのチャンス。
 日高からのパスを受けた椿が、小森とのワンツーで左サイドを突破。
 そのまま持ち上がってヒールで繋ぐと、小森がシュートを放ちますが枠の外。


 38分にもジェフの攻撃。
 ゴール前左で得たFK。
 直接田口が狙いますが、ゴールの左を逸れます。

 47分には藤枝の決定機。
 中盤の狭い位置で朝倉、梶川とパスを繋いで縦パスを通し、榎本が持ち上がってクロス。
 逆サイドの中川風希が折り返して、久富が頭で合わせましたが、ポスト直撃でゴールは決まらず前半を終えます。

■後半にも2点を取ってジェフが快勝

 2点ビハインドの藤枝は久富、朝倉を下げて、永田、中島を投入し、矢村がシャドーへ。
 開始直後、藤枝の攻撃。
 ゴールキックを中島が落として、右サイドの永田がクロスを上げるとファーの榎本が狙いますが、枠を捉えきれず。

 51分、ジェフが追加点。
 高い位置でエドゥアルドがボールを奪たっと頃から、高橋がミドルシュート。
 GK内山がこぼれたところを、小森が押し込んで3-0。


 54分にもジェフのチャンス。
 田中が高い位置でボールを奪ったところから、追い越していったエドゥアルドへ。
 エドゥアルドがシュートに行きますが、枠の外。

 60分、藤枝は中川風希と梶川を下げて、前田、杉田を投入。
 榎本が中央に入り、永田が左WB、前田が右WBに入りました。
 61分、ジェフは横山、椿を下げて、風間、ドゥドゥを起用。


 65分にもジェフの追加点。
 右サイドを仕掛けた田中のクロスは合いませんでしたが、ドゥドゥが拾って日高がラストパス。
 これを田中が飛び込んで合わせて4-0。

 その直後にもジェフの決定機。
 後方で得たFKから、田口がロングパスで前編へ。
 これを小森が受けてシュートに行きますが、ポスト直撃。


 その直後には藤枝の攻撃。
 左サイドで永田が仕掛けてクロスを上げると、ファーで中島が折り返します。
 前線で混戦状態になり、最後は前田が狙いますが、田口がブロック。

 後半中頃はジェフの運動量が落ち、藤枝が攻め込む展開に。
 73分、藤枝のチャンス。
 左サイドからのCKを西谷が蹴ると中央で相手が競り勝ち、前田が抜け出してゴールかと思いきやオフサイドの判定。


 その直後にも藤枝のチャンス。
 日高の横パスが甘くボールを奪われ、そのまま矢村がシュートを放ちますがゴールの左。
 76分、ジェフはエドゥアルド、小森を下げて、小林、呉屋を投入。

 80分にはジェフのチャンス。
 中盤でのボール奪取から、小林が右へ展開。
 田中が中央へ送ると、風間が狙いますが、ゴールの左をかすめます。


 83分にもジェフのチャンス。
 右サイドから呉屋、風間と展開して、ドゥドゥへ。
 ドゥドゥがシュートに行きますが、ゴールの右を逸れます。

 その直後、ジェフは鈴木大輔を下げてメンデスを投入。
 89分には藤枝の攻撃。
 左サイドを上がってきた鈴木翔太がクロスを上げると、中島が頭で狙いますが、ゴールの右。

 93分には藤枝のチャンス。
 左サイドのCKを西矢が蹴ると、混戦状態になりますが、メンデスがゴールライン手前で跳ね返します。
 試合終盤は藤枝の息切れも感じ、4-0で完勝となりました。

■相手の3バックを攻略しパスワークも封じる

 ジェフとしては、言うことのない勝利だったと思います。
 課題である2点目、3点目も奪うことが出来たし、後半途中からはさすがに運動量が落ちていきましたが、無失点で凌ぐことが出来ました。

 ジェフは相手の3バックに、うまく対応していったと思います。
 プレス時には2トップと田中が参加して3トップ気味になり、相手の3枚を自由にさせない。
 前3枚のプレスの圧力が高く、そこから優勢に立っていった印象でした。

 そして、ボールを奪ったところから、左右SHが相手3バックのスペースを取って攻めていきました。
 椿、田中は共に裏のスペースを取るのがうまく、そこにエドゥアルドや田口が展開。
 小森などのポストプレーも効いていて、良いリズムで攻め込んでいきましたね。


 また、守備面では、ジェフのダブルボランチが相手のシャドーにマンマーク気味に対応。
 藤枝のシャドーは間で受ける意識が強く、そこからリズムを作っていく傾向がありますが、ジェフはボランチがついていくことで、そこを潰していった印象でした。
 そこが藤枝のパスワークを止められた、大きなポイントではないかと思います。

 ボランチが下がり過ぎると、その前にスペースが出来てしまう懸念がありますが、そこは前からのプレスもあって、押し込まれる時間を作られずに対応することが出来ていたと思います。
 特にエドゥアルドはプレス時には相手ボランチまでマークにいき、守りに入った時には後方に下がるということで、難しい対応も求められたと思うのですが、田口とうまくバランスを取っていた印象です。
 最終ラインも含めて、守備面の健闘も光った試合ではないかと思います。


 チャンスメイクに関しては、正直相手のミスも多く今後の参考にはしづらいところもあったかなと思います。
 藤枝はジェフがプレスにいってもロングボールを蹴ることは少なく、パスを繋ぐ意識を変えなかったですが、ジェフのプレスに気後れしてミスが増えてしまったところがあったと思います。
 そこからチャンスが作れたということで、他の試合ではここまでうまくはいかないかもしれません。

 しかし、それでもしっかりと決める時は決める。
 昨年はラストパスの精度の課題も感じましたが、その点でもこの試合は良い兆しが見えたと思います。
 新加入の選手はもちろんですが、椿や田中などもコンディションが良さそうでしたね。

 4-0での快勝ではありましたが、まだ1勝。
 ここから、どんどんと勝ち点を稼いでいくことが大事ですね。
 良い流れのまま、シーズン序盤を戦っていきたいところだと思います。