JEF

高橋壱晟が群馬戦で約半年ぶりの今季2ゴール目をマーク

JEF

群馬戦で途中出場した高橋壱晟が、久々のゴールを決めました。 調べてみると、高橋のゴールは3月21日(日)以来ということで、約半年ぶりだったそうです。 これが今季2ゴール目となります。 今回のゴールは、中盤左からのFKを田口が蹴ると、こぼれ球を逆サイ…

プレスから攻め込み高橋のゴールで群馬に粘り勝ち

JEF

ジェフはアウェイゲームではありましたが、前節愛媛戦より動けていた印象です。 積極的にプレスをかけ、球際でも戦えて、そこから攻め込む時間帯も作れました。 ただ、現在の群馬は攻め込まれていても焦らずに、パスワークからの攻撃を狙い続けるスタイル。 …

久藤監督になって好調の群馬 ジェフのゲームプランは?

JEF

明日、行われるジェフ対群馬戦は14時キックオフで、デイゲームがスタートとなります。 今年はオリンピック中断もあったためシーズン終了が若干遅くなりますが、デイゲームの時期に入ってくるとシーズン終盤が近づいてきたといった印象を受けますね。 今年も…

尹監督「相手の形を変えたビルドアップで難しいところはあった」

JEF

愛媛戦では、ここ数戦のようなハイプレスとはいかなかったジェフ。 後半から失速することが多いため控えたのかなとも思ったのですが、尹監督のコメントによるとプレスに行こうとはしたものの、相手のビルドアップに苦労して行けなかった模様です。www.jleagu…

鈴木大輔の斜めのパスから矢田のポストでビルドアップ

JEF

昨日は愛媛戦でのゴールシーンにおけるアタッキングサードの動きに関して取り上げましたが、今日はそこに至るまでのビルドアップに関して取り上げます。 ミドルサードでは鈴木大輔の斜めの楔のパスから、矢田のポストプレーが決まって、攻撃の形を作り上げま…

田口が鋭いクロスでオウンゴールを演出

JEF

愛媛戦、勝負を決めたのはオウンゴールでした。 左サイドを抜け出した田口のクロスが相手選手にあたって決まったもので、やはり田口は試合を決められるだけの"格"を持っている選手ですね。 アタッキングサードにおけるゴールまでの展開を振り返ると、まず左…

ハイプレスからバランス重視にシフトし愛媛に1‐0で勝利

JEF

相模原戦、磐田戦と2連敗になっていたジェフは、ここ数戦のような前への勢いは無理にかけず。 バランス重視で戦っていきました。 それによってはプレスから一方的な展開にはならなかったものの、守備面では大きく崩れることなく戦えたということかなと思いま…

實好監督が就任し栗山・高木利弥も加入した愛媛

JEF

東京オリンピック中断明けからのジェフを振り返ると、まず初戦の山形戦は中断前から実施していた引いて守ってカウンターで戦いましたが1‐3で完敗。 すると、翌戦の新潟戦からハイプレスにシフトし、 そこから2試合は引き分け続いて、長崎戦で2‐0の勝利。 し…

尹監督「ミスで流れがガラッと変わって」

JEF

www.jleague.jp 尹晶煥監督 「前半は磐田の攻めもしっかりと防げたと思いますし、カウンターから良いチャンスも作れて良いゲームができていました。ただ、ちょっとのミスで流れがガラッと変わってしまいました」 磐田戦後の尹監督のコメントです。 前半は攻…

スピードを見せた末吉がロングカウンターからPKを獲得

JEF

磐田戦、ジェフの先制ゴールのキッカケとなったのは、左WBで出場中の末吉の突破からでした。 展開を振り返ると、磐田のFKを跳ね返したところからのロングカウンター。 ソロモンが低い位置で拾って、左サイドに送ると、矢田が少しタメを作ります。 そこを末吉…

プレスがかからず鈴木大輔の裏を突かれて失点

JEF

試合後にも話したように、磐田戦ではここまでの数戦ほどハイプレスがかからなかった印象でした。 特に後半に入ってから全体的な動きが落ち、そこから3失点を喫した格好となってしまいます。 65分にやられた1失点目では、相手後方からのロングボールに対して…

のらりくらりとした磐田のパスワークに苦しみ1‐3で連敗

JEF

試合前にも話しましたが、現在の磐田はのらりくらりと戦ってくるイメージです。 攻め込まれても失点などをしても焦らず、自分たちのペースで戦う。 特にジェフは後半失速する傾向があるだけに、前半我慢すればチャンスがあるというプランだったのかもしれま…

スタミナ切れに感じるマネジメントの問題を経ての首位磐田戦

JEF

相模原に敗れたジェフは、ホームフクアリで磐田を迎え撃ちます。 磐田は現在18勝5分5敗の勝点59で、2位京都を勝点1上回り首位に立っています。 ジェフは9勝10分9敗の勝点37ですので、順位は10位ではありますが、首位との勝点差は22と大きく離れていることに…

ジェフの1トップ2シャドーを消耗させた相模原のビルドアップ

JEF

先週末対戦した相模原は、基本的に守備的なサッカーではありましたが、ボールを持てば丁寧にパスを繋いできていました。 多彩なビルドアップの形を見せ、ジェフ対策も取ってきたように思います。 特に印象的だったのが、18分のシーン。 相模原は一度右サイド…

右WBの位置から縦横無尽に動き回りアクセントを作る福満

JEF

新潟戦からの4試合で、ソロモン、矢田、末吉、福満などを起用し、ハイプレスを実行してきたジェフ。 特に意外な起用法となっているのが、福満の右WBではないかと思います。 厳密には小田の離脱で、福満のみ山形戦から出場しているので、5試合連続スタメン出…

後半失速したところを相模原に狙われ0-1で敗戦

JEF

引いた相手にゴールを奪いきれず粘られ、後半に失点して0‐1で敗戦。 ジェフのJ2初期を思い出すような、ある種懐かしさを感じる試合だったようにも思います。 呑気に懐かしんでる場合でもないのでしょうが。 ジェフは長崎戦からの好調が続いて、特に前半はプ…

高木琢也監督が就任し積極補強も行った最下位相模原と対戦

JEF

季節も9月に入り、オリンピック中断が空けて約1ヶ月。 前節のJ2は山口が山形に2‐1で勝利したり、水戸が新潟に4‐0で大勝したりと、下位チームが上位チームを破る試合が目立ちました。 ここからまた勢力図が変わっていくのでしょうか。 夏の移籍マーケットも意…

長崎の4バックに対して1トップ2シャドーでプレスをかけるジェフ

JEF

長崎戦では4バックの相手に対して、1トップ2シャドーでプレスをかけるジェフということで、うまくはまるのか心配もしたのですが、見事な守備を見せていたと思います。 図にするとこのようなイメージで。 長崎は2CBを中心に、ボランチもボールを触りつつ、SB…

3試合スタメン出場中の矢田が長崎戦の先制ゴールをアシスト

JEF

新潟戦から、スタメンを入れ替えて戦っているジェフ。 右シャドーのポジションには、矢田がレギュラーに入っています。 矢田は昨年一時期スタメン出場しており、右SHのポジションでは最多スタメンでした。 しかし、昨シーズン終盤には出番が少なくなっていき…

4試合ぶりの勝利に導いたソロモンのゴールとポストプレー

JEF

長崎戦ではソロモンの活躍が、ジェフの勝利に導いたと言っても過言ではない出来だったと思います。 ジェフはここ3試合勝ち星から遠ざかっており、長崎戦で勝てなければ8月勝利なしの状況でしたから、大事な試合となっていました。 まず13分に貴重な先制ゴー…

2-0で長崎に快勝 今季のベストゲーム?

JEF

まずやはり雨天延期試合と天皇杯もあって、連戦だった長崎の動きが悪かったですね。 序盤から動きが重く、後半もペースを上げられなかった。 特に前節も途中交代している中心選手のカイオなどは、コンディションが厳しいのではないでしょうか。 ただ、それを…

過密日程の長崎相手にハイプレスからゴールを奪えるか

JEF

ジェフの8月最終戦は明日28日(土)、ホームフクアリで長崎を迎え撃ちます。 長崎は台風の影響で、8月9日(月)の金沢戦が延期。 さらに14日(土)の山形戦も大雨の影響で延期しており、東京オリンピック中断明けから試合が中止となる状況が続いていました。…

ジェフ経営情報'21 コロナ禍でも「チーム人件費」大幅増で赤字転落

JEF

Jクラブの経営情報がリーグから発表されていますので、今年も取り上げていきます。aboutj.jleague.jp 昨年度は新型コロナウィルス感染症の影響で、各クラブの経営が悪化。 上記リンク先のPDFでも詳しく書かれていますが、全クラブ総額での収益が前年比で約23…

チャンが甲府戦でリーグ戦初ゴールを達成

JEF

チャンが甲府戦の91分に、同点ゴールを決めました。 1点ビハインドでなかなかゴールを奪えない展開を続いていましたから、貴重なゴールでしたね。 チャンは今年6月9日に行われた天皇杯大宮戦でプロ初ゴールを決めていますが、リーグ戦ではこれが初めてのゴー…

途中出場からシャドーに入ったサウダーニャと1トップのソロモン

JEF

先日の甲府戦では、71分からサウダーニャが途中出場し、右シャドーに入ってプレーしました。 93分には後方中央に流れていた福満からのロングパスを受け、右サイドで荒木のプレッシャーを受けながらグラウンダーのクロス。 これがゴール前のソロモンの足元に…

同じ3‐6‐1の甲府戦はジェフがボールを持つも1‐1の引き分け

JEF

甲府戦はこれまでの試合とは違って、ジェフがボールを持つ時間の長い展開となりました。 しかし、甲府も守備的なチームということもあって、ボールを持たされて攻めあぐねる時間帯も目立つ試合となった印象です。 サイドまでは持ち込めても、そこからどう崩…

甲府戦は同じ3‐6‐1での戦い 注目は1トップ2シャドー

JEF

天皇杯川崎戦も含め、山形、新潟とパスサッカーを展開するチームとの対戦が続いたジェフ。 相手にポゼッションされて押し込まれることが増えていたわけですが、前節新潟戦ではメンバーを入れ替えてハイプレスを敢行。 押し込まれることなく、ボールを奪うと…

新潟戦でサウダーニャに代わってソロモンがスタメン出場

JEF

新潟戦ではサウダーニャに代わって、ソロモンが1トップでスタメン出場を果たしました。 ソロモンのスタメン出場は5月1日の新潟戦以来で、これが今季2度目。 サウダーニャは13試合連続でスタメン出場していましたが、途中出場にとどまりました。 先週もブログ…

岩崎の退団と札幌FW檀崎加入、佐久間・齋藤の昇格も内定

JEF

jefunited.co.jp jefunited.co.jp 夏の移籍ウインドーが締まる直前に、岩崎が札幌へのレンタル復帰することが発表になりました。 そこから、鳥栖に再レンタルとなっています。 直前の山形戦では途中出場からキレのあるプレーも見せていただけに、残念な気持…

新潟戦はメンバーを入れ替えプレスからリズムを掴むも0‐0

JEF

まず試合中にボールをキャッチしようとして落下し、動けなくなってタンカーで運ばれ交代した新潟GK小島ですが、自信のTwitterを更新し「大丈夫です」とつぶやいています。 大きな問題がなく、本当に良かったです。 さて、試合の方は、前節山形に1‐3で敗れた…