攻撃面での明確性に差が出て栃木に0-1で敗戦

 試合前に水戸戦で見せた方向性は本物だったのかという趣旨の話をしたのですが、栃木戦を見るとまだまだという結論になるのかもしれません。
 やはり水戸戦は相性が良くて、戦いやすかった面も大きかったと思います。
 逆に栃木は戦術的に相性が悪かった印象ですが、そういった相手にもしっかり戦えるチームにならなければいけないですね。

 また、単純に水戸戦では走れていたジェフですが、この日は栃木に走り負けた印象もありました
 ここから連戦ですし、気温も暑くなってくるかもしれない。
 その中でより運動量が問われてくるかもしれません。

 しかし、一番の差は攻撃面での狙いが、栃木の方が明確だったこと。
 守備的なチーム同士の戦いだったからこそ、逆に攻撃面での差が出たのかもしれません。
 ジェフはこの試合に限らず、攻撃がセットプレー攻撃頼りになってしまっている印象もあります。

■中盤でのボール奪取から栃木が先制

 前節水戸に勝利したジェフは、スタメンを継続。
 サブからはアラン、安田が外れて、ゲリア、為田が入りました。

 開幕戦からスタメン出場していた溝渕は、レンタル元のジェフとの契約で出場できず。
 代わりにFWの大島が右SBでスタメン。
 エスクデロなどがベンチに入っています。


 開始直後、ジェフの攻撃。
 中盤で得た長い距離のFKを、田口が直接狙います。
 これはGK塩田が横っ飛びでセーブ。

 しかし、そこからは栃木ペースだったと思います。
 栃木は長いボールを中心に、前線が競って拾っていくスタイル。
 ジェフは積極的な栃木のプレスにあい、なかなか攻撃を作れません。


 8分には、栃木のチャンス。
 左サイドのCKを榊が蹴ると、高杉がヘディングシュート。
 しかし、GK新井の正面。

 その直後にも栃木の攻撃。
 右サイドのCKからこぼれ球を栃木が拾って、サイトは高杉が中盤からシュート。
 しかし、ゴールの左を逸れます。


 16分にはジェフの攻撃。
 田口からの大きな展開を受けた米倉がクロスを上げると、高橋が拾って持ち上がりマイナスのクロス。
 山下が足元で狙いますが、角度はなく枠の外。

 そこから若干試合が落ち着いていき、27分にはジェフの攻撃。
 左サイドのスローイン、増嶋がロングスローを投げると見せかけて、小さくつなぎ下平がクロス。
 ゴール前で混戦状況となり、瀬川に当たったボールがループシュート気味になりますが、GK塩田が対応。


 ゴールが生まれたのは34分。
 中盤でのセカンドボールの競り合いから、森が持ち上がり左に繋ぐと瀬川がクロス。
 矢野がヘディングで競り勝ち、先制ゴール。

 矢野のヘディングも高かったですが、その前の瀬川をフリーにしたことが問題だったと思います。
 41分にも栃木は左サイドの瀬川のスローインから、こぼれ球を栃木が拾います。
 最後は明本がミドルシュートを狙いますが決まらず、0-1で前半を終えます。

■FKでしか攻撃を作れず0-1の敗戦

 1点ビハインドのジェフは、後半からクレーベと堀米を下げて川又と堀米を投入。
 後半に入っても大きく流れは変わらず、一進一退の攻防が続きます。

 57分にはジェフの攻撃。
 右サイドからのFKを船山が蹴ると、川又が頭で競ります。
 こぼれたところを下平が狙いますが、相手DFに当たってゴールならず。


 62分には栃木のチャンス。
 瀬川が左サイドでチャンを完全に抜き去ってクロス。
 矢野が飛び込んでシュートを放ちますが、GK新井がセーブ。

 その直後にはジェフのチャンス。
 船山が田口に預けて、ゴール前に走り込みます。
 下平がクロスを上げると、船山が頭で合わせますが、ネットの外。


 65分、栃木の決定機。
 カウンターから岩間が持ち上がり、右サイドの明本へ。
 明本がシュートを放ちますが、枠を捉えきれず。

 66分、栃木は榊を下げて禹を投入。
 その直後、ジェフは高橋を下げて見木を投入。
 そのままボランチに入りました。

 71分、ジェフのチャンス。
 中盤で得たFKを田口が蹴ると、川又が低い位置で競ってゴール前に供給。
 山下がシュートを放ちますが、相手DFにあたって枠の外。


 77分、栃木は岩間を下げて韓を投入すると、韓が前線に周り禹がボランチに。
 その直後、ジェフは米倉を下げて為田を投入。
 為田が左SH、船山が右SHに回りました。

 その後もジェフは有効な攻撃を作れず。
 後半AT、栃木は森を下げて山本を投入し、試合終了となりました。

■カウンターを作れた栃木と作れなかったジェフ

 栃木はサッカーの意図が明確に出ていましたね。
 前線へのロングボールだけでなく、とにかくセカンドボールへの反応が非常に速い。
 そして、そこでボールを奪ったら、一斉に選手が前に出ていく。


 これが今年の栃木のやりたいサッカーで、ボールを奪った直後に素早く奪い返す"ストーミング"だけでなく、高い位置で奪ってのハーフカウンターも積極的に狙っていく。
 得点シーンもセカンドボールを拾ってから、シュートまで持ち込むまでの展開が早かったですが、それも攻撃の意図が明確にできているからでしょう。
 そして、意図が明確だから、選手の補強や起用方法もそれにぴったり合わせた構成になっている。

 一方のジェフは前節ハーフカウンターで得点を奪ったものの、高い位置でのプレスは甘いし、ボールを奪った直後の攻撃参加人数も少ない。
 そこが栃木との大きな差で、そのためこの日もハーフにせよ、ロングにせよ、カウンターからの攻撃が少なかったと思います。
 かといって、他の攻撃パターンも明確とはいえず、セットプレー頼りになっていた印象です。


 また、戦術的な相性も悪く、遅攻時の栃木のビルドアップは基本的には後方からのロングボールが中心。
 しかし、ジェフは相手後方にプレスをかけていかないため、栃木はロングボールを出し放題となっていました。
 また、栃木はボランチがサイドに流れてパスの出し手になり、ジェフの2トップ脇を狙うなど、しっかりジェフを研究していた印象でした。

 さらに、栃木は過去の試合よりも、積極的にプレスをかけてきた印象でした。
 これはジェフのビルドアップがおぼつかないと分析して、プレスをかければチャンスがあると判断したのではないでしょうか。
 逆に言えば、ジェフはその栃木のプレスを回避できるほどのパス回しが出来なかったとも言えるでしょう。


 水戸戦では1つ可能性を見せたものの、栃木戦ではまだまだ攻撃の狙い・チームの狙いが明確にできていない印象を受けてしまいました。
 やはり前節にハーフカウンターからゴールを奪えたのは、水戸のビルドアップに問題があったからなのか。
 そうだとするのであれば、攻撃の意図を明確にするというチームの壁を乗り越えていないことになると思います。

 攻守両面においての狙いが見えてこそ、勝ちパターンが見えてくると思いますし、軌道に乗ってくるものだと思います。
 守備的なチームでも得点が奪えなければ勝てないわけで、やはりそこが課題となっていくのでしょうか。