東京オリンピック準決勝 スペイン相手に延長戦で0-1の惜敗

 東京オリンピック準決勝。
 日本代表はスペイン代表と対戦し、延長戦の末0‐1で敗れました。
 とても悔しい試合でしたが、あのスペイン相手に善戦したということは誇るべきことだと思います。

 やはりこのレベルになると、1つのミス、一瞬の判断の遅れだけで、試合が決まりかねない。
 息の詰まる非常に緊迫した展開で、見ている方も緊張して疲れましたが、スポーツの醍醐味を感じたように思います。
 これが見れただけでも良かったとも思えるし、ジェフもカテゴリーを上げて、1つ1つの試合の価値を上げていきたいところではないでしょうか。


 スペイン代表は4‐1‐4‐1でスタート。
 それに対して日本代表は4‐2‐3‐1で久保がトップ下に入り、相手のアンカーを見つつ、状況によって1トップの林と2CBへプレスに行く
 しかし、久保が前に出るとアンカーが空くし、そこをボランチがカバーしようとすると、中盤に穴が出来てしまうということで、難しい状況ではありましたね。

 トップ下が前に出ていってもうまくパスコースを消せていれば簡単には展開されないはずですが、そこは相手がスペインということで中途半端に行けば簡単に交わされてしまう。
 1人1人がボールを持ち運べるし精度の高いパスを出せるだけに、「持たせてもOK」とはならず、どこからでもチャンスを作れてしまう怖さがあったと思います。
 だからこそ、引いて守るだけでは厳しく、前にプレスに行ってパスの出所を抑える必要があって、旗手を起用したのではないかとも思うのですが、簡単にはプレスもはめさせてくれなかったですね。


 ただ、日本代表の選手たちも、集中して粘り強く対応していました。
 DFラインやボランチの選手たちはもちろん、スタメンの林や堂安、途中投入の前田や相馬なども懸命に守備で頑張っていました。
 特に堂安が右サイドで守備面で健闘していたのは、大きかったと思います。

 それによってスペインは左サイドからの攻撃が難しくなり、中央からの強引な攻撃が増えた部分もあったと思います。
 密集状態になった中央で囲ってボールを奪いカウンターを狙うという展開が、作れていたのではないでしょうか。
 当たり前ではありますが、このレベルだと耐えているだけでは厳しいでしょうし、やはり後方だけでなく前からの守備というのがすごく大事ですね。


 0-0で迎えた延長からはスペインもサイドへの攻撃が増えていきましたが、簡単にはサイドでフリーにさせなかった。
 さらにゴール前の選手たちは高さもあるので、シンプルなクロスには怖さを感じなかったですね。
 逆に延長後半は日本が良い形で攻め込む時間帯もあったわけですが、そこでゴールは奪えず逆に一瞬の隙を突かれてやられてしまいました。

 非常に悔しい試合で、日本もしっかり持ち味を出せたと思います。
 どうしても押し込まれる時間が長くなってはしまいましたが、そこは力関係もあるので仕方ないでしょう。
 それでも粘り強い守備とスピード感のある仕掛けは見せてくれましたし、最後は迫力ある攻撃も展開出来ていました。


 何よりもあのスペインが日本相手に時間を稼ぐプレーをさせたというのは、長い歴史を考えるとすごいことではないかと思います。
 もちろん勝ちたかったですしチャンスもあった試合だと思いますから、それを考えればそんなことで喜んではいられないのでしょう。
 しかし、こういった本気の舞台での熾烈な試合を経験して、少しずつ強くなっていくものなのではないでしょうか。

 もちろん、世界トップとの差は小さいようでまだまだ大きいのでしょうが、それでも着実に進化していることも事実。
 今後も足を止めずに、前へ進むことが大事ですね。
 そのためにも、まずは次の3位決定戦。
 この試合の後ですから気持ちの面でも体力面でも難しい状況になるでしょうが、有終の美を飾るためにも最後まで戦い抜いてほしいと思います。