柏戦、琉球戦、山形戦の出場選手まとめと鹿島戦の動画

 2月23日に行われた開幕戦琉球戦を1-0の勝利で飾ったジェフは、翌24日に山形と練習試合を実施。
 この試合は45分×2本の形式で行われ、見木と山下のゴールで2-0で勝利したそうです。

 続いて先週末には、新型コロナウイルスの影響でJリーグが延期し、鹿島と練習試合を行いました。
 こちらは45×2本と35×2本を行い、1-0、1-2、0-0、0-2という結果で、合計では2-4で敗れています。
 この試合に関しては、メンバーなどが公表されていません。


 しかし、鹿島のYoutube公式アカウントには、ダイジェストで試合の動画がアップされています。
 動画をアップするくらいですから、ジェフ側も承諾も得ているのではないでしょうか。


【鹿島アントラーズ】和泉の2ゴールなどで、トータルスコア4-2!〜3/1 練習試合 vsジェフユナイテッド市原・千葉〜

 ジェフが押し込まれている展開が続くのは、鹿島側の動画だからというだけではないでしょうね。
 開幕戦で広島を相手に0-3で敗れた鹿島相手ですが、それでもジェフにとっては厳しい相手だったということでしょうか。
 特に、サイドから攻め込まれる形が多かったのかなとも見てとれます。


 動画内のジェフは主力組で、開幕戦のスタメンから川又が外れて山下が入っているように見えます。
 川又が怪我でもしたのか、単純に山下が次の試合でのスタメン候補と考えられているのでしょうか。
 ただ、次の試合までまだ少し時間が空くので、状況は変わるかもしれませんね。

 また、試合の途中からなのか、主力組をベースに船山が左SHに入っているようです。
 昨日も話したようにSHは万能な選手が欲しいところではないかと思いますし、まだ確固たる選手もいない印象です。
 船山のSH起用も、十分に考えられる選択肢ではないでしょうか。


 鹿島戦ではメンバーを公開しなかったジェフですが、山形戦に関しては公式サイトで出場メンバーを発表しています。
 今年のジェフはキャンプ中もメンバーを非公開にしていましたで、練習試合に関するメンバー公開はこれが初めてとなるはずです。
 そこで、ちばぎんカップ、開幕戦、山形戦のメンバーを一覧でまとめてみました。

f:id:aratasuzuki:20200302163302p:plain
f:id:aratasuzuki:20200302163318p:plain
f:id:aratasuzuki:20200302163332p:plain

 ◎がスタメン、○が途中出場、△がベンチ入りです。

 相澤は昨年夏に大きな怪我を負っており、当初の予定ではすでに復帰できているはずですが、まだ時間がかかっているのかもしれません。
 また、為田はちばぎんカップで負傷し、櫻川はセルタU-19に3月15日まで練習参加の予定となっています。
 将来的には、海外移籍なども考えているのでしょうか。

 3試合ともに出場していないのはその相澤、櫻川を除くと、高橋、本田のみ。
 2人は負傷中ということでしょうか。
 若手の怪我が多いのも、心配になる問題ですね。


 山形戦まで含むと万遍なく試合に出場しているように思いますが、ちばぎんカップ、開幕戦だけを見ると、主力となるメンバーはある程度固まっているといえるでしょう。
 さらに鹿島戦の動画での出場メンバーを見ると、主力組には開幕戦から川又が外れて山下が入っただけのように見えます。
 逆に山形戦のみ出場している選手は、ポジション争いから一歩遅れを取っている状況と言えるでしょう。

 山形戦は岡野、鳥海、本村とCB候補が複数出場しているので、このうちの誰かが右SBに入ったということでしょうか。
 また、中盤から前方も小島はボランチなのかなと思いますが、田坂、見木、船山、山下、アランと、どのポジションに誰が入ったのか顔ぶれだけでは予想がつきにくいですね。
 練習試合ということでポジションを試す場合もあるでしょうし、細かなポジションよりも出場機会が大事なのでしょうから、あまり気にせずにメンバーを組んだのかもしれません。


 少なくとも開幕前後の段階での主力組や、それを追うサブ組などの序列はわかってきた。
 しかし、長いシーズンですし主力組にベテランも多いですから、このままフルシーズンを戦い切るということはまずないでしょう。
 シーズン途中の補強もあり得るでしょうし、守備的な選手の加入などもあるかもしれません。

 だからこそ、今のうちにアピールすることが大事ですし、特に若手選手には頑張ってほしいところではないでしょうか。
 尹監督も若手だからと積極的に起用するタイプではないように思えますし、現状だと若手選手と言っても後がない選手も少なくないはずです。
 山形戦では見木、山下と若手選手がゴールを決めて、若手中心の守備陣で完封勝利を収めていますし、練習試合などで若手が活躍して公式戦出場のチャンスにつながるように期待したいと思います。