斎藤大輔「GMや社長という仕事にも興味を持っている」

 選手構成や移籍動向も気になりますが、その前に年末年始にジェフ公式サイトが掲載したインタビュー記事を取り上げたいと思います。
 なかでも斎藤大輔アカデミーマネージャーの話は、ぜひこの機会に触れておきたい興味深い内容でした。

 まず、鈴木健仁GMのインタビューが、昨年12月23日にアップされています。

jefunited.co.jp

 有料サイトUNITED ONLINEに掲載されている4ページ中1ページ目が、無料公開となっています。
 正直、立場的には齊藤大輔ではなく鈴木GMのインタビューをすべて公開するか、今回の記事でなくても鈴木GMのまとまった考えを明らかにすべきではないかと思います。
 現状だと鈴木GMがヴィジョンを語る機会は少ない印象ですが、公の場で明らかにすることで1人でも多くのファン・サポーターと共有することが重要なのではないでしょうか。

 1ページだけだと文章量は少ないですが、昨年は尹監督と突っ込んだ熱い議論を積み重ねた1年だったとのことです。
 昨年のジェフは左サイドに人数を集めたパスワークを展開したり、3バックに変更したりと、尹監督1年目以上に変化の多い年だったと思いますが、そこも鈴木GMが関わっている部分が大きいのでしょうか。
 当然鈴木GMが直接的な指導をしたわけではないでしょうが、鈴木GMの意向によって昨年招聘した小林コーチの意見が強く出た年だった可能性もあるのかなと感じます。


 なお、今さらの話ですが、鈴木GMは2004年から2014年まで新潟で強化部で働いた後、福岡でチーム統括部長に。
 小林コーチは2010年から2012年まで新潟でプレーし、2014年夏から仙台のコーチに就任。
 両名は新潟で繋がりがあったことになりますね。

 いずれにしても、GMが監督にもしっかりとモノを言えるというのは、大事なことだと思います。
 鈴木GMは50歳で尹監督は48歳ということで、年齢が上なのも大きいのでしょうか。
 昨年終盤、チームは好調だったにもかかわらず、イ・ソンジェコーチと山崎フィジカルコーチが退任になったのも、過去の尹体制ではなく小林コーチなどが手腕を発揮したからなのでしょうか。

 監督のやりやすい環境を作るのもGMの役目でしょうが、それだけではうまくいかない時もあるでしょう。
 時には喧嘩をすることで状況が改善することもあるでしょうし、仲がいい、雰囲気がいいだけでは勝てないのがプロスポーツの世界でもあると思います。
 今年もいい意味で内部でやり合って議論を詰めて、強いチームを作り上げて欲しいと思います。


 続いて、斎藤大輔のインタビュー記事について。
 こちらは4ページすべてが、無料公開されてます。
 
jefunited.co.jp

 インタビュー序盤にある、アカデミーからトップに昇格する選手を増やしたい。
 トップチームにおけるアカデミー出身選手の割合を増やしたいという意向は、過去10年間何度もジェフのアカデミートップから聞こえてきた内容です。
 その理想は共通していても、現実としてはうまくいっていないということになりますね。

 しかし、トップに選手を送り出すため、ジェフのフィロソフィーからアカデミーのプレーモデルを明確にして明文化したという話は、興味深いところですね。
 ただ、私があまりアカデミーの情報を追えていないから知らないだけかもしれませんが、そのフィロソフィーやプレーモデルなどが具体的にどういったものなのかはわからず、ネットで調べても出てきませんでした。
 ジェフは外注の結果かサイトやSNSがおしゃれにはなりましたが、内向的で大事な情報をうまく発信できない傾向は変わらないですね。


 また、それ以上に驚いたのが、斎藤大輔が「ジェフで一生を終えるつもりで、GMや社長という仕事にも興味を持っている」と話していること。
 斎藤大輔 はJ2初期にジェフを離れたという噂も出回っており、強化部以外の役職もやらされている印象が強かっただけに、そこまで強い思いでいてくれているとは思っていませんでした。
 当時から現在にかけて、気持ちが変わった部分もあったのでしょうか。

 斎藤大輔と言えば、オシム監督時代の名ストッパーであり、ナビスコ杯2連覇の立役者でもあります。
 温厚な性格である一方、試合中の激しいコーチングなどにも長けており、J2降格直前の練習では「斎藤大輔の声しか聞こえなかった」と言われることもあったほど、リーダーシップも期待できる選手でした。
 若い選手の多かったジェフ黄金期において、兄貴的な存在だったと言えるでしょう。


 メンタル的にも安定していて、クレバーな選手でもあったと思います。
 同じくジェフの社長を目指すと発言している勇人は、正直SNSでも危なっかしい発言が多いので、現状だと社長としてはどうなのかなと思います。
 特にジェフの場合は大企業に利害関係者も多いわけで、クリーンなイメージというのは極めて重要でしょう。

 その点で斎藤大輔なら可能ではないかと思うのですが、まずはGMというのもいつかは見てみたいですね。
 オシム監督のサッカーや強かった頃のジェフを十分に理解しているというだけでも期待が高まりますし、純粋に選手時代を知っているファンやサポは斎藤大輔という人物に安心感というか、信頼感を持てるところがあると思います。
 斎藤大輔は引退後もコーチとして成功するのではないかと思っていただけに、強化部に入った時点で驚きでもあったのですが、こういった形であっても成功を遂げて、ゆくゆくはジェフを引っ張っていってほしいですね。