右SBでスタメンしたゲリア 5バックでは右CBに

 琉球戦ではちばぎんカップから田坂と船山に代わって、ゲリアと川又がスタメン出場を果たしました。
 特にちばぎんカップではベンチ入りすらしていなかったゲリアに関しては、意外な起用法だったと思います。
 ゲリアは右SBでプレーし、米倉が右SHに回って出場しました。

 その米倉が開始早々にゴール前に飛び込んで、ヘディングでゴール。
 貴重な先制点をあげたことになります。
 ただ、この右サイドのコンビは、守備では何度も攻め込まれ苦しい状況にも立たされました。


 結果的に右SBゲリアのところをやられる場面が目立ちましたが、これはゲリアだけの問題でもないでしょう。
 先日も話した通り、FWからのプレスがなかったこともあって、フリーな状況で相手ボランチにパスを出されて、そこから右サイドを攻め込まれてしまったことが多かった印象です。
 相手ボランチがフリーな状況でもコンパクトな守備を目指しているため、ジェフの守備陣は中央には選手が集まるけれど、その分サイドにスペースが出来て苦労したところがあったのでないでしょうか。

 さらに相手の左SHには、鋭いドリブルを持つ河合がいた。
 対してジェフの右SBゲリアは足元での守備を苦手とするところがあって、そこで何度もチャンスを作られてしまったことになります。
 ただ、米倉も68分には沼田に仕掛けられ抜き去られるなど、決して守備が得意な選手ではないだけに、SBが米倉でも苦戦していた可能性はあると思います。


 図を使って説明すると、37分にも右サイドから完全に崩され、決定機を作られています。

f:id:aratasuzuki:20200227161448p:plain

 琉球は沼田から李にパスを繋ぐと、李が鋭い縦パスを池田に供給。
 この後、池田は近づいてきた阿部に繋ぐと、阿部がキープしてジェフの選手を引き付け、フリーになった河合へ。
 河合はマイナスのクロスを選択し、風間宏希がフリーでダイレクトシュートを放ちますが、ボールはゴールの右をかすめています。


 黄色い四角で示した通り、このシーンでもゲリアのエリアには池田と河合がいて、数的不利になっていました。
 昨年もSBが外に出た時にCBとの距離が空いて、そこを埋められずに悩むことが多かったジェフ。
 そこをボランチに入った鳥海が、自発的に埋めていたという話もしましたね。

 横を4枚で守る4バックではよく起こる悩みだと思うのですが、今季はコンパクトに戦う方針なのであればDFラインがもっと思い切ってスライドしなければいけなかったのかもしれません。
 あるいは鳥海のようにボランチが下がって埋めるのか…ということになるわけですが、今季はポジショニング重視のゾーンディフェンスで、4-4-2をなるべく崩さないということなのでしょう。
 そうなのであれば、MFが下がるよりDFラインがよりスライドする方が正解なのかなと思います。


 また、この場面でも川又が出ていって、李にプレッシャーをかけてほしかったところです。
 この直前に川又は米倉に対し沼田へプレスに行くように指示を出していますから、それに合わせて川又も前に出ていってほしかったところ。
 米倉が引いていれば池田がフリーになることもなかったかもしれないわけで、前に行くなら行くで川又も含めて全体で行くという動きが必要だったはずです。

 なお、さらに前の展開では、米倉がラフにボールを蹴ってボールを失い、相手の攻撃を受けています。
 押し込まれた後の展開でしたし、あそこは時間を作って休みたかったはず。
 この辺りの判断が、中盤で米倉を起用すると課題となるところではないでしょうか。


 4バックでは苦戦したゲリアですが、60分に5バックに変更すると右CBとしてプレー。
 私は昨年のゲリアを振り返る記事で、「日本で生まれていたらCBで育てられていたのでは」と話していただけに、ちょっとびっくりする展開でした。
 CBでのゲリアは、全体の流れもあって悪くないプレーを見せていたと思います。

 高さがある選手なので、クロスボールをしっかり跳ね返すプレーも目立っていました。
 また、68分にはキープする阿部からボールを奪取。
 85分には浮き球のパスを阿部が折り返したところを風間宏矢が狙いましたが、ゲリアがブロックして事なきを得ています。


 もちろん5バックで周囲に味方選手が多かったからこそ、ゲリアが問題なくやれた面も大きかったと思います。
 4バックのCBではうまくいくかどうかはわかりませんが、それでも逃げ切り策としては十分に役割を果たしたのではないでしょうか。
 一度、河合に裏を取られかけてヒヤッとしましたが、そこはチャンがカバーしていましたね。

 ただ、4バックの右サイドの守備においては、今後も課題が残るかもしれません。
 数的不利で守れるような守備的なSBはいないし、前からのプレスや連携面も含めて改善すべきではないでしょうか。
 これだけ守備機会が多く米倉をSHに上げるのであれば、溝渕を残しておいた方がよかったのでは…とも思ってしまいますが、何とか今いる選手たちでやりくりしていくしかないですね。