JEF

2020年ジェフ新体制発表会に思う

JEF

予定より1日遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。 今年はもっと自由にブログでの活動が出来たらなと思っていますが、実際にできるかどうかはわかりません…(笑) さて、ジェフは1月6日に新体制発表会を行いました。 Youtubeでの配信…

2020年 あけましておめでとうございます

JEF

新年、あけましておめでとうございます。 令和になってからは、初めてのお正月ですね。 ブログの話をすると、昨年ははてなダイアリーからはてなブログに移った年でした。 見に来ていただいている皆様も、そろそろはてなブログに慣れましたでしょうか。 私と…

田口の獲得、真希・べラスケスの退団、ゲリアの残留

JEF

jefunited.co.jp 名古屋や磐田でプレーしてきた田口が、ジェフに加入することになりました。 ジェフ戦でのハンド疑惑の件やそれをネタにしたことも話題になっていますが、それに関しては元々どうでもいいことだと思っているので、個人的には気にしていません…

茶島の広島復帰と優也の残留

JEF

jefunited.co.jp 2年間ジェフにレンタルで加入していた茶島が、広島に復帰することが決まりました。 昨年も復帰の話はあった選手ですし予想できたことではありますが、ジェフにとっては残念なニュースだと思います。 レンタルからの完全移籍を狙っている印象…

新井、鈴木の完全移籍、岡野の復帰、大野のレンタル移籍

JEF

今年はここまでどのチームも動きの遅かったストーブリーグですが、少しずつ活発になってきましたね。 来年は東京オリンピックの影響もあって開幕が早いわけで、各チームの始動も早めになるかもしれませんから、そろそろ本格的に動きが出てくるのではないでし…

漢陽大学から韓国人DFチャンミンギュが加入

JEF

jefunited.co.jp 漢陽大学から韓国人DFチャンミンギュの加入が発表となりました。 186cmの長身で、今年3月にはU-22韓国代表にも選出されていますが、サブ組だった模様です。 まだ20歳ということですから、中退か休学という扱いになるのでしょうか。 せっかく…

山口FW山下の獲得と櫻川ソロモンの昇格

JEF

jefunited.co.jp ジェフが山口FW山下の獲得を発表しました。 黄金期以降は選手も育てられず、外部からの補強が多くなっているジェフですが、今回は少々意外な印象を受けました。 というのも、近年はJ1やJ2上位でくすぶっている中堅選手や戦力外となったベテ…

2019シーズンを振り返る 鈴木椋大編

JEF

G大阪から今季レンタル移籍で加入したGK鈴木椋大は、ジェフで16試合に出場しました。 鈴木は昨年G大阪U-23でJ3の試合に出場していますが、11試合どまり。 2016年に横浜FMから東京Vへレンタル移籍した際には26試合出場していますので、それに次ぐ出場記録とな…

2019シーズンを振り返る 佐藤優也編

JEF

フロント、監督の振り返りも終わったので、今年も個々の選手の話に移っていきたいと思います。 その他、大きなニュースがあれば随時取り上げていきたいとは思いますが、年末で慌ただしい状況となっているのですぐには対応できない場合もあるかもしれません。…

2019シーズンを振り返る フロント・後編

JEF

昨日の前編ではチーム全体の運営に関して取り上げたので、後編では選手構成などに関して話していきたいと思います。 もう2年ほど前から話していますが、現在のジェフの選手構成はバランスが悪い印象です。 それが江尻監督が就任してからも、チームが苦戦した…

右SH争いは見木に始まり見木に終わる

JEF

今季のジェフ右SHはなかなかスタメンが定着しませんでしたが、最終節栃木戦では特別指定選手の見木がスタメンとなりました。 アランは怪我がなければそのままスタメンで起用され続けていたかもしれませんし、勇人も状態が良ければスタメンだったはずなので、…

栃木戦でも最終ラインの間を突かれて失点

JEF

0-1で敗れた栃木戦後ということでネガティブな話が続いてしまいますが、今期最後の試合となるだけにさぼらず振り返っておきたいと思います。 試合後にも話しましたが、栃木戦では最終ラインの間を突かれて失点してしまいました。 失点時の状況を図にすると、…

最終節、残留に向けて必死に戦う栃木を前に

JEF

まず個人的な話になりますが、J2最終節が行われる24日は親戚の結婚式に参加するため欠席となります。 試合後の更新も数日後になるかもしれませんので、御了承ください。 ジェフは前節、PO争いに加わっている京都と対戦し0-1で敗戦。 今回は残留争いの渦中に…

江尻監督「相手によって戦い方を変えながらやってきた」

JEF

江尻篤彦監督「対戦相手によっていろいろ戦い方を変えながらやってきていたので、ここへきてアウェイ、ホームを問わずに、「守備の形はでき始めているな」というのが率直な感想です。 (中略) アウェイの戦い方としてみれば、当然いろんなやり方があると思う…

小島「後半は少し個人のミスも目立ちました」

JEF

小島が京都戦で、久々のスタメン出場を果たしました。 怪我での離脱もあって今回が9月7日に行われた新潟戦以来の出場となったということで、2カ月ぶりのプレーということになりましたね。 熊谷の出場停止で、巡ってきたチャンスということになります。 久し…

ジェフの守備と京都の攻撃の変化

JEF

京都戦、試合序盤のジェフは悪くない内容だったと思います。 特にプレスからボールを奪って、カウンターが機能していましたね。 図にするとこのような感じで、ジェフは中を絞って相手のハーフスペースなどを狙ったパスワークを消していきました。 まずクレー…

悪くない内容も京都とは力の差を感じる敗戦

JEF

京都にとって大事な一戦となったこの試合は、京都が1-0で接戦をものにしました。 ジェフも決して悪くはなかったし、チャンスも作れました。 しかし、悪くはなかったからこそ、それでも勝ちきれないところに、チームとして強さが足りない部分を大きく感じまし…

ズッ友と呼びにくいズッ友京都との対戦

JEF

同じような境遇、同じような順位であることからズッ友と私が名付けた京都ですが、今季は大きく差が開いてしまいそうは呼び難いところがありますね。 一時的に水を開けられたのならともかく、今季の京都は常にPO争いの渦中におり、一時は首位にも立っていまし…

為田「点を取れなかったことは仕方がない部分もある」

JEF

東京V戦、選手など含めて前向きな評価が多かったと思いますが、船山は「今日は守備だけしかできませんでした」と厳しいコメントを出しています。 単純に悔しい試合展開だったというのもあるのかもしれませんが、結果だけではなく内容に満足できなかった部分…

熊谷「自分たちの判断で少し構えるようになった」

JEF

昨日、ユン・ジョンファン監督がジェフ監督週に濃厚と、日刊、スポニチ、報知がこぞって報じました。 内容もほぼ同じでタイミングなども含めて考えれば、クラブからの内部リークがほぼ確実でしょうし、むしろリークできる状況が固まったところで江尻監督解任…

江尻監督「思った以上の守備ができた」

JEF

昨日、江尻監督の今年限りでの解任が発表になりました。 大方の予想通りではありますし、もうすぐ今シーズンも終わるので、すべてが終わった後にまとめて話したいと思います。 ただ、Twitterでも話しましたが、フロントの監督起用方法と監督の手腕は別問題だ…

カウンターからゴールが奪えず0-0の引き分け

JEF

ジェフ戦より先に始まっていた栃木が大宮戦で引き分けた時点で、来季のJ2残留が決まったそうです。 降格の可能性は低い状況だったとは思いますが、それでも残り2試合の段階での残留決定というのはやはり遅すぎますね。 素直には喜べない残留決定だと思います…

14位以下濃厚の中、パスサッカーの東京Vと対戦

JEF

前節金沢戦に勝利したジェフは10勝12分17敗となり、ようやく二桁勝利を遂げたことになります。 しかし、勝点は42で、順位はいまだに17位。 日曜日にフクアリで対戦する東京Vは、13勝12分14敗の勝点51で13位となっています。 両チームの勝点差は9で残り3試合…

米倉「1対1で負ける相手はそんなにいない」

JEF

金沢戦ではあまり無理にプレスはかけに行かず、ボックスで守ったと監督や選手が話しています。 今日のゲームは前線から圧力を掛けず、ブロックを作った。その狙いを。 江尻 篤彦監督「相手によって使い分けている。前節・山口戦は前からプレッシングを掛けた…

ペナルティエリア脇を狙ったパスワークでゴール

JEF

金沢戦の1点目は左サイドからのパスワークから、アランが足元で受けてシュートを決めた展開でした。 クロスからの攻撃は多いですが、そこも相手に警戒されてきているように思いますし、アバウトでクレーベの強さに頼りすぎている印象もある。 それだけに今回…

2カ月ぶりのスタメンとなった船山が今季12ゴール目

JEF

金沢戦で久々のスタメン出場となった船山が、ゴールを決めました。 船山のスタメンは9月7日の新潟戦以来ということで、実に8試合ぶりとなります。 さらに船山のゴールは8月19日の愛媛戦以来となるため、約3か月ぶりということに。 これで船山は今季12ゴール…

何をしたいのかわからないまま11月へ

JEF

山口戦後、似た者同士の戦いになったものの、相手の方が選手の強みを活かせたのではないかと話しました。 どちらもプレッシングサッカーと言えるのではないかと思うのですが、山口は前線の宮代と三好がしっかりと強度なプレスを継続できていた。 そこで思っ…

アランが山口戦で今季初ゴール

JEF

山口戦でも右SHでスタメン出場したアランが、今季初ゴールを上げました。 この日のアランはアシストも決めており、2ゴールに絡む活躍をしたこととなります。 10月6日の山形戦で4月28日の大宮戦以来となる、ほぼ半年ぶりのスタメン出場となったアラン。 しか…

中盤中央をパスで繋がれるリトリート守備

JEF

山口戦では中盤の中央で、相手のパスワークを許してしまう展開が目立っていたと思います。 リトリートしている状況で簡単に間を通されてしまうシーンは、これまでの試合でも目立っており大きな課題となっているのではないでしょうか。 特に中盤の中央という…

選手の強みを活かせず山口に2-3の敗戦

JEF

試合前にも話しましたが、似た者同士の戦いになったかなと思います。 どちらも前への意識は高いのでしょうが、雑なプレーが多くミスが目立つ。 ただ、少し違ったのは、山口は仕掛けて勝負をした結果のミスが多かった一方、ジェフは勝負を仕掛ける前のミスが…